NHKドラマ『だから私は推しました』アイドルである理由とファン心理…その均衡が崩れると大騒動に…それが地下アイドルの世界!

NHKドラマ『だから私は推しました』アイドルである理由とファン心理…その均衡が崩れると大騒動に…それが地下アイドルの世界!の画像1
だから私は推しました | NHK よるドラより

 地下アイドルと出会い、オタク沼にハマったOLを待ち受ける意外な運命とは―。自ら愛したものに突き進むヒロインの転落と成長を、“地下”のディープな世界の中で描くドラマ『だから私は推しました』。第5話がオンエアされた。

第5回

 夏フェスから9か月。人気も知名度も上がったサニサイには様々な仕事が舞い込んでくるようになる。しかし忙しくなるにつれてメンバーのプロ意識にズレが生じ始め、センター花梨と、2番手の凛怜が大激突。やがてそれはオタクたちをも巻き込んだ代理戦争になっていく。そんなある日、ハナ推し・中立派の愛のもとに、意外な人物から連絡が来て…

 このドラマ、なんでこんなに面白いのだろう……。地下アイドルとファンの関係性を通して、「推し」が出来たことで変わっていく主人公の成長が描かれ、なぜ主人公が「押した」のかという謎に迫るミステリーでもあるという奥の深いドラマ。回を追うごとに主人公・愛が推しているグループサニーサイドアップの面々が成長していく姿に、自分もサニサイオタになったような気持ちが生まれてくる不思議。
 
 前回のラストで「解散ライブが始まった」という衝撃的なワードが出てきたが、今回はそんな解散危機がサニサイに訪れた時のエピソードが語られた。

 サニサイは花梨で持っているといわれていたが、にわかに人気が上がってきている二番手の凛怜との不仲が深刻な状態になっていくのだが、その小競り合い感がリアルだ。大学生の凛怜はアイドル活動も女子アナになるための就活の一環としてとらえており、いつまでも続けるものではないと思っている。

 片や花梨は元々シンガーソングライターをしていて、ライブハウスでライブをするのを目標としてた。アイドルならばチケットノルマなどなくステージに立てるということでアイドルに転身。歌が歌えるならそれでいいというスタンスであったため、歌のレベルには妥協を許さない。

 営業ステージの時には単位がやばいと仕事を休み、写真撮影などのアイドルらしいきらびやかな仕事では美味しいところをかっさらっていく凛怜。ビジュアルを全面的に押し出してステージでもセンターに立つが歌がボロボロな状態なことに、ステージ上で花梨が怒りマイクを奪ったことからケンカに勃発。加えてそれぞれのファン同士までもがケンカを起こすカオスなライブとなってしまう。
 
 ハナは自分の居場所であるサニサイがなくなることを阻止するため、愛に連絡しえtアドバイスを請う。しかしそのアドバイス通りに必死に花梨たちを説得するも、ますますメンバー間の溝は深まるばかり。一度は「解散する」ということが決定してしまう。

 その報告を受けた愛も激怒。そんな喧嘩で自分たちの価値否定するということは、応援していた自分たちは何なのだと悲しく、怒りがわいてきたのだ。

 そしてその気持ちは愛だけではなく他のオタクたちも同じで、それぞれのトップオタがそれぞれのカタチで推しに苦言を呈したことで、今回の解散騒動は解決に向かったように見えたのだが‥…?

 これが過去の出来事であり、解決したはずなのになぜ今、サニサイは解散ライブを行っているのか。そして映された、ハナの元太客の瓜田さん。病院のベッドで負傷して寝込んでいる姿だったが、彼がこの解散になにか関係しているのだろうか。

 一体何が起こったのかそろそろ明かされるのか? 人気を博してきたサニサイ是非解散などせずにアイドル街道を駆け上がっていってもらいたい。
(文=三澤凛)

NHKドラマ『だから私は推しました』アイドルである理由とファン心理…その均衡が崩れると大騒動に…それが地下アイドルの世界!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説