アニメ『Dr.STONE』砂鉄から鉄を鋳造し猫じゃらしでラーメンを作る?目から鱗の第8話

『Dr.STONE』砂鉄から鉄を鋳造し猫じゃらしでラーメンを作る?目から鱗の第8話の画像1『Dr.STONE』公式HPより

 週刊少年ジャンプにて大好評連載中の漫画『Dr.STONE』、待望のアニメ化! 第8話がオンエアされた。

第8話STONE ROAD
 コハクの姉で村の巫女・ルリが、病に侵されている事を知った千空は、科学の万能薬〝サルファ剤〟を作るとコハクとクロムに宣言!村の少女・スイカも協力し、早速、サルファ剤に辿り着く為の、壮大なロードマップを歩み始める!ところが、ロードマップの一歩目〝製鉄〟で、マンパワー不足という壁に早々にぶち当たってしまう。そこで千空は〝科学のグルメ〟で村人を味方につけようと企む。

 科学の進歩は医療の進歩。コハクの姉、ルリの病気を治す為に「抗生物質」を作ろうと意気込む千空。そこに行きつくにはストーンワールドでは色々なものが足りな過ぎることは明白だ。ないならば、作るのが千空の流儀だがどの道を選んでも先は長い。それでも明確にゴールに近づく道を選び取る。

 その第一歩の製作に選ばれたのは「鉄」。クロムがたまたま持っていた磁石を使って砂鉄を集めるところから鉄作りは始まる。そこに村の少女、スイカが加入する。マンパワーが必要な千空は個人の事情には無頓着だが、スイカに見えないがスイカをかぶっている彼女は色々と抱えているものがありそうだ。一人追加されたことによって大量の砂鉄が集まる。

 次はその砂鉄を熱するのだが、普通の温度の炎では鉄が出来上がるには火力が足りな過ぎる。千空・コハク・クロム・スイカの四人で頑張ってはみたもののやはり火力が足りない。コハクたちの村の人間をこちらに引き入れてマンパワーを補給したい千空は彼らが欲しがるものを与えればこちらの仲間になってくれるのではないかと策を講じる。

 スイカの偵察のおかげもあって村人が欲しがっているものを「食べたことのない食事」だと断定し、ストーンワールドの人間が食べたことがなさそうな最高の食事を作り上げる。

 料理は化学。調理方法を工夫すれば、作れるものはいくらでもある。材料は、なんと猫じゃらし。猫じゃらしも立派な穀物だと言い、そこから猫じゃらし粉を作り、練り、打ち、完成させたのが猫じゃらしラーメン!

 美味しいラーメンを知っている千空からすると食べれたもんじゃないボソボソの麺が出来上がったが、初めて麺を食べたコハクたちは悶絶するほど美味しかったらしい。

 ルリから聴いた話、というのがコハクやクロムの知識の源になってるようだが一体ルリはどこからその知識を得たのだろうか。

 まだ対面を果たしていないルリと千空。二人がであうことで何かが動き出しそうだ。鉄はまだまだ最初の材料。抗生物質が出来上がるまで対面はかなわないのだろうか。
(文=三澤凛)

アニメ『Dr.STONE』砂鉄から鉄を鋳造し猫じゃらしでラーメンを作る?目から鱗の第8話のページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説