スマホゲーム『サンリオ男子』が約3年の歴史に幕 サ終じゃなくて「エンディング」とは?

スマホゲーム『サンリオ男子』が約3年の歴史に幕 サ終じゃなくて「エンディング」とは?の画像1
『サンリオ男子 ~わたし、恋を、知りました。~』公式サイトより

 今年7月にスマートフォン向けゲーム『サンリオ男子 ~わたし、恋を、知りました。~』がサービス終了を発表。アニメ化もされて話題になっていただけに、ファンからは「こんな日が訪れるとは……」と悲しみの声が相次いでいた。

 ゲームの公式Twitterでは、「このたび2019年9月27日(金)15:00をもちましてエンディングを迎えることとなりました」と告知。2016年の秋にリリースされ多くの女性ファンに愛されてきたが、約3年の歴史に終止符を打つという。

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちとの恋を体験できる恋愛シミュレーション『サンリオ男子 ~わたし、恋を、知りました。~』。たとえば江口拓也が演じる長谷川康太というキャラクターは、“ポムポムプリン”が大好きという設定になっている。そんな同ゲームは昨年1月にアニメ化を果たし、豪華声優陣が登壇するイベントなども実施。さらに舞台化もされ、2.5次元俳優たちのステージに多くのファンが熱狂していた。

 そのため今回のサービス終了には、SNSなどで「私がもっと課金していれば……」「『サンリオ男子』で初めて乙女ゲームをやったけど、こんなにハマるとは思わなかった」「もう康太くんと会えなくなるの?」「完全に心が折れた」「もっと貢がせて……」といった声が。また「課金要素が少なかったから『大丈夫なの?』って思ってたけど、やっぱり大丈夫じゃなかったのか」とも指摘されている。

 一方でサービス終了を“エンディング”とする表現には、「運営の愛が感じられる」「エモい」と賞賛の声が。同ゲームを運営してきた「株式会社マイネットゲームス」は、公式サイトで「マイネットグループは、サービス終了を『エンディング』と位置付け、ゲームを長く楽しんでいただいたお客様が最後まで楽しんでいただけるゲームサービス運営を心がけています」と説明していた。

 その他ファンの中には「舞台とかもあるし、『サンリオ男子』がコンテンツとして続いてくれれば生きていける」「ゲームは終わっちゃうけど、ずっと『サンリオ男子』を追い続けます!」と前向きな人も。今後『サンリオ男子』はどのような展開を見せてくれるのだろうか。

スマホゲーム『サンリオ男子』が約3年の歴史に幕 サ終じゃなくて「エンディング」とは?のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説