ドラマ『百合だのかんだの』近年まれにみるワースト1糞ドラマ?制作側はジェンダーをなんだと思っているのか

『百合だのかんだの』近年まれにみるワースト1のクソドラマ?制作側はジェンダーをなんだと思っているのか?の画像1
百合だのかんだの – フジテレビより

 「親友」という枠を越えた、女の子同士の姿を描く! FOD限定ドラマとして話題を呼んだ『百合だのかんだの』。待望の地上波放送 第5話がオンエアされた。

第5話 変態エチケット

 「先生ですよね、犯人」海里が百合の大学教授である不破に投げた言葉は、ストーカーの犯人を断定する言葉だった。

だが、百合が不破に持つ「真実の愛」のイメージを壊さないために、事を公にせず、百合に向かう不破の想いを自分が受け止めると誓う海里。そんな海里の覚悟も知らず、百合は“あること”で悩むのだった…

 今回はアンダーヘアの話であった。もうずっとその話題だったので、言わせたいだけなのかと感じてしまうほど。もはやこれを百合ドラマと名乗るのはどうなのか。『おっさんずラブ』が受けたのはBLを扱ったからではなく、単純に脚本や演出作品全ての質が高かったからなのだと実感してしまう。ただたんに二匹目のどじょうを狙って女同士がイチャイチャして卑猥な言葉を放つことを楽しむ視聴者はいるのだろうか。セクハラとパワハラ満載でモラルもエチケットも皆無なドラマになりつつある。
 
 多少のミステリ要素だった百合に対してのストーカーの犯人は大学の教授。その理由も、純粋に教授と奥さんの関係に素直に憧れていたことへのストレスが原因。正直お粗末な理由だ。それで使用済みのティッシュとかオモチャ送るってどんな精神なのだろうか。

 主人公の百合がバカがつくほど素直でいい子という設定だが、職場の人間とばったり会ったからって、本人不在で過去を他人にベラベラしゃべるというのはいかがなものか。いままで好意的に百合のことは見ていたのだが、このシーン一発で嫌悪感を覚えてしまう。他人に「キッズアイドルをしてて、それがけっこう際どかったみたいなんですよね」なんて言ってしまうことが、どういうイメージを相手に与えてしまうか理解しているのだろうか。悪意がないから良いなんてこはない。アンダーヘアの最低限のエチケットを実行する前に、勉強しなければならないことが多いだろう。

 人のジェンダー的な事を大声で他人に打ち明けるような描写をして「百合」を大きく謳って小ばかにするようなドラマを作る神経が信じられない。もう半分以上を視聴してしまったので最後まで見届けるつもりではいるが、今期(作られたのはもっと前の作品だが)のワースト1なのは間違いない作品だろう。ネット上の各所で炎上もしているようなので、その結果をうけとめてもっと面白い作品を作って欲しい。
(文=三澤凛)

ドラマ『百合だのかんだの』近年まれにみるワースト1糞ドラマ?制作側はジェンダーをなんだと思っているのかのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説