『荒ぶる季節の乙女どもよ。』それぞれの恋とていねいに向き合っていく文芸部が愛おしすぎる…和紗の恋は実るのか?

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』それぞれの恋とていねいに向き合っていく文芸部が愛おしすぎる…和紗の恋は実るのか?の画像1
TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』公式サイトより

 【性】に振り回される女子高生たちの物語『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の第7話がオンエアされた

第7話「揺れ、の、その先」

 合宿に来た文芸部。

 ひと葉は山岸に迫ってみるも、簡単にあしらわれてしまう。

 お風呂でのぼせてしまった和紗は、新菜に介抱してもらうが、新菜の焚きつけるような口調に乗せられ険悪なム―ドに。

 ケンカになりそうになったその時、り香が止めに入り、とあることを提案する。

「合宿と言えば――。」

 それぞれが迷走する合宿の夜。ミロ先生の部屋に入れてほしいと迫ってみるも、ひと葉は彼がキスをする素振りだけで真っ赤になり動けなくなってしまう。彼女の恋が躍動している感じがたまらない。先生の本心はどうなのだろう。最初は遊んでただけかもしれないが、このひと葉の態度を見ていたら、強く惹かれるのではないだろうか。

 文芸部の面々、一年生の和紗の恋だけが新菜と百々子にばれているが、それ以外はお互いの恋愛事情を実は知らない。百々子は恋愛までには発展していないが、塾で知り合った杉本のガンガンくる感じと、どこかずれている感覚に辟易している。しかし杉本の行動は、ほとんどの女性が苦手とするものだろう。しかし本人は気づいていないのだから恐ろしい。

 新菜は、劇団の代表に体の関係を迫ったが拒否されたことにより、性に対して迷走している。今回、合宿から帰った後に代表からキスしてもらうも、ドキドキを感じることはなかった。「つまらない女になるな」と言われるが……。

 そして部長の曽根崎先輩。部内唯一の彼氏持ち。しかし、その関係を隠したいあまりに迷走しているように感じらえる。あまりにも天城に冷たすぎる様子が見受けられるので、あっという間に破局を迎えてしまい、再度こじらせてしまうのではないのだろうか心配になる。

 新菜と和紗の中でいさかいが起こりそうなときに、合宿の定番の枕投げで発散したりと愛しい存在の文芸部の面々。彼女たちそれぞれに問題が起こったとき、きちんと向き合って解決していく様が本当に素敵だ。

 幼馴染の泉が好きな和紗。枕投げのあとに新菜との関係が柔和したこともあり、泉に対しても話してみるということを決心する。そこから他事にも前向きになり誰もやりたがらなかった、文化祭の朗読の主人公にも立候補する。相手役はその存在に悩んだ新菜なこともまた和紗の意気を上昇させていく。
 
 文化祭は成功して和紗の恋は実るのか?! そして絶対文化祭で曽根崎先輩の恋愛模様になにか波乱が起こる気がする……。波乱の文化祭、楽しみだ。
(文=三澤凛)

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』それぞれの恋とていねいに向き合っていく文芸部が愛おしすぎる…和紗の恋は実るのか?のページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説