やっぱり夏コミだった。たちこめるコミケの臭気! 南館も快適……じゃねーよ男子の日【#96】

やっぱり夏コミだった。たちこめるコミケの臭気! 南館も快適……じゃねーよ男子の日【#96】の画像1

 コミケ(C96)も3日目。いつもなら最終日ということで全国から集まった男子が電車賃だけを残してオカズを買い漁る日。いや、もちろんほかのジャンルもあるけど多数派はそれなんで、あながち間違いではないということで。

 でも、今回は違う。東京五輪のせいで会場スペースの減少したコミケは4日間開催。男の子のための日も2日に分割されたのである。

 これによって、多くのサークルが落選することを防ぐと共に参加者も分散化。でも、よく考えてみれば分散化するハズがない。目当てのサークルは2日にわかれる。だから2日とも参加しなきゃいけない。そして、熱量が半分になるわけじゃない。

 そうだ。オカズは黙っていても手に入るわけじゃない。最良のオカズを手に入れるためには不断の努力が必要なのだ。

 こうしてコミケ3日目。まだ会場前からあちこちで行列が出来ている。会場内に出店している飲食業者は、待機列にも飲み物をカゴに入れて持って来て販売している。最初は注文を取りに来ていたようだが、そんなことをやってるヒマじゃないので、行商になったとか。

 こうして熱量のこもったコミケ。1日目と2日目にあった快適さはついに失われた。西館はとにかく暑く、あのコミケ独特の臭気がたちこめる。誰もが一度は味わったことのある大混雑もあちこちで発生。よくもまあ、こここまで人間が押し合って事故が起こらないものだとスタッフや参加者の努力のすさまじさを改めて感じる。

やっぱり夏コミだった。たちこめるコミケの臭気! 南館も快適……じゃねーよ男子の日【#96】の画像2

 とにかく西館の男の子向けサークル側は、あの臭気と混雑で、もはや快適さはどこにもなかった。では、その涼しさが話題になっていた南館は……?

 南館はやっぱりすごかった。西館に比べると格段に涼しく快適さを保っていたのだ。それでも、詰めかける人の波にあの臭気だけは防ぎようがない。涼しさの中に、あの臭気も混じる新たな空間が、そこには誕生していた。

 やっぱりコミケは戦場。それは、やっぱり変わらなかった。
(文=昼間 たかし)

やっぱり夏コミだった。たちこめるコミケの臭気! 南館も快適……じゃねーよ男子の日【#96】のページです。おたぽるは、イベント情報・レポアニメの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説