ガンダムの感動よりも早く入場したい。遙かな青海展示棟へ最後尾から入ってみたら【#C96】

ガンダムの感動よりも早く入場したい。遙かな青海展示棟へ最後尾から入ってみたら【#C96】の画像1

 8月9日から4日間に渡り開催されているコミックマーケット96。今回、企業ブースは東京五輪のせいで、離れ小島になってしまった。その移動距離は徒歩で10分以上。炎天下の中、そんな距離移動できるもんか。

 でも、行きたくなくても一度は行ってみなくては取材にならない。そこで、コミケ2日目は西館あたりから青海展示棟まで移動してみることに。

 推奨される移動ルートは様々。ひとつは、8分に一本間隔で運行される無料シャトルバス。無料なのは嬉しいけれども、道路事情により本当に8分間隔になるかはわからない。また、青海展示棟側の停留所は露天。西館のところのバス停も日陰はほとんどない。「昨日(1日目)は大行列だったので、止めておいたほうがいいかも」というスタッフも。

ガンダムの感動よりも早く入場したい。遙かな青海展示棟へ最後尾から入ってみたら【#C96】の画像2

 続いて、りんかい線を利用する方法。これは、青海展示棟側ではアナウンスも流している推奨ルート。なにしろ、東京テレポート駅は目の前である。しかし、国際展示場駅からは、そこそこ歩くことになる。

 ゆりかもめもやっぱり一長一短。こっちは、青海駅からがビーナスフォートを抜けてちょっと歩かなくてはならない。

……そして、どちらにしても入場まではゾロゾロと並ばなくてならない可能性はある。まさに行くも地獄戻るも地獄の苦行である。

 このうち取材班が選択したのはシャトルバス。なにせ、普段はないレアな移動方法ではあるまいか。10時の開場と共に、出口を出て向かったバス停は、まだガラガラ。やってきた、ちょっと立派なバスに乗り込み悠々と青海展示棟。

 でも、到着してからはやっぱり地獄。

 いったい、最後尾はどこ? というほど遙か向こうまで行列が続いていたのだ。スタッフの指示に従い、右手にガンダムを見てさらに先。東京国際クルーズターミナル駅近くまで、公園の中を行列は続いていた。

 果たしていつ入場できるのか。途方にくれるような長さかと思いきや、さすがスタッフも参加者も行列には慣れていた。スルスルと進む行列はあっという間に進み、約40分ほどで青海展示棟に到着したのである。

 今回、観光名所であるパレットタウンや、ヴィーナスフォートの傍での開催ということで「一般人」も入り交じって阿鼻叫喚を危惧する声もあった。でも、実態は極めて平穏だった。もはや陳腐な観光地になって客足が減っていることに加えて、猛暑のせいかパレットタウンもヴィーナスフォートも夏休みとは思えないガラガラだったのである。行き来するコミケ参加者のおかげで、なんとなく活気があるかのような雰囲気が生まれているようですらあった。

ガンダムの感動よりも早く入場したい。遙かな青海展示棟へ最後尾から入ってみたら【#C96】の画像3

 しかし、南展示棟と並んで冷房設備だけはしっかりした青海展示棟は過ごしやすい。おまけに、離れ小島としての余裕なのか、あちこちに座り込んで休むことのできるスペースも。中には持参した折りたたみ椅子で寛いでいる強者もいた。

 隔離スペースかと思いきや、意外に便利だな、ここ。
(文=昼間 たかし)

ガンダムの感動よりも早く入場したい。遙かな青海展示棟へ最後尾から入ってみたら【#C96】のページです。おたぽるは、イベント情報・レポアニメの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説