『キャロル&チューズデイ』アーティストの栄枯盛衰を目の当たりにした二人…しかしリスペクトは忘れない!!

 全世界の音楽を愛する人に捧げる、ふたりの少女が起こした奇跡の物語『キャロル&チューズデイ』。16話『A Natural Woman』がオンエアされた。

 ついに発売されたキャロル&チューズデイのデビュー曲。チャートでは初登場53位を記録し、ガスは「サウス・バイ・サウスウエスト」に出演することを決める。ライブへ向け、スタジオでの練習の帰り道で、キャロルがシンガーを目指すきっかけにもなった憧れのアーティスト・フローラと出会う。
 全盛期から変わり果てたフローラを前に、ガスは自分が昔、フローラのマネジメントをしていたことをふたりに告げる。

 2部に入ってから、彼女たちの成長に合わせて色々な人物に出会いそれを通して音楽がもたらす幸不幸、悲喜こもごもを教えてくれているストーリーが続いている。今回はガスが過去に発掘したシンガー、フローラを通じて栄光を掴んだものに訪れる孤独にまつわるエピソードだった。

 キャロルがシンガーを志したきっかけだったフローラ。そんな彼女はいまでは帰る場所も待っていてくれる人もおらず、誰のことも信用できないという過去の栄光からは考えられない状況に陥っていた。

 過去の回想シーンでは、いまと比べ物にならないくらいに痩せていたガスとの出会いがつづられ、お互いに売れない、誰の目にも止まらない日々から這い上がろうともがいた戦友のような関係だったのが、大手のレコード会社から契約の話が来た時に声がかかったのはフローラだけ。そこでフローラはガスとの絆よりも大手を選び、ふたりは袂を分かつことになったのだった。

 その後、フローラは順調に栄光を掴んでいった。しかしそこから知り合いになった人たちは、みんな彼女の地位やお金のみにすり寄ってきた人間だった。彼女は人間不信となり、歌うことすらできなくなってしまい、いまに至るのであった。

 憧れていたフローラがボロボロになって、音楽と距離をとっている姿を悲しく思うキャロル&チューズデイは、出場することになったサウス・バイ・サウスウエストのステージでフローラの曲をカバーすることを決める。

 歌手を目指そうと思ったきっかけの歌を届けることで、また彼女に歌声を取り戻してほしいという彼女たちなりの心遣いだ。二人のステージを見たフローラは、一緒に歌を口ずさみながら涙をこぼしガスに感謝を伝えるのであった。

 今回はキャロル&チューズデイのよりもガスの過去に焦点が当たっていたが、ふたりがバックバンドを道で拾ったことで、ステージでの楽曲のボリュームにだいぶ厚みがでたことを忘れてはいけない。

 ただで演奏してくれる都合のいいバンドマンということで名前の紹介すらなかったが、ドラマーの演奏シーンがちょこちょこ映りこんでいた。しかも、ちゃんと画と音が合っていて、作画の気合を感じた。これからのふたりの音楽に、彼らが加わったことでどんな変化が起こるのかが楽しみだ。
(文=三澤凛)

『キャロル&チューズデイ』アーティストの栄枯盛衰を目の当たりにした二人…しかしリスペクトは忘れない!!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説