『Ingress』『Pokemon GO』のルーツ? アプリ『Field Trip』サービス終了に悲しみの声

『Ingress』『Pokemon GO』のルーツ? アプリ『Field Trip』サービス終了に悲しみの声の画像1
「Niantic,Inc.」公式サイトより

 7月12日にNiantic,Inc.が、スマートフォン向けアプリ『Field Trip』のサービス終了を発表。同社人気ゲームのルーツとなったサービスなだけに、SNSなどでは悲しみの声が上がっていた。

 Niantic,Inc.は公式サイトで、「Field Tripは年内にサービスを終了します」と告知。続けて「Field TripはNianticがつくった初めてのサービスで、Nianticのゲーム『Ingress』『Pokemon GO』『ハリー・ポッター:魔法同盟』の方向性を作ったアプリでした。いろいろな思いが詰まったサービスを終わりにするのは、つらいことです」と、同アプリへの想いを綴っている。

 Niantic,Inc.といえばAR技術を活用した、いわゆる“位置ゲー”を数多く世に送り出してきたメーカー。2012年には『Ingress』をリリースして、世界中を巻き込んだ“陣取り合戦”に人々が熱中した。そして『Pokemon GO』は社会現象になるほどの盛り上がりを見せることに。“外出してゲームをやる”という体験を、『Pokemon GO』で初めて味わった人も少なくない。

『Field Trip』もスマートフォンなどのGPS機能を利用したアプリで、各地の名所に近づくと解説してくれるサービス。『Ingress』や『Pokemon GO』ほど話題にはならなかったが、後のゲームに繋がる要素も数多くみられる。

 実際にNiantic,Incも、「Field Tripは、Nianticの初期の使命であった『世界を探検し、新しい友だちをつくり、外に出て体を動かす』に基づいて作られたものでした」「現在の企業ミッション『Adventures on Foot/歩いて冒険しよう』は、この3つの核の上に成り立っています」とコメント。『Field Trip』を開発した時のスピリットは、今も受け継がれているようだ。

 そんな『Field Trip』の終了に、ユーザーからは「初めて知った時は衝撃的だった。なくなっちゃうのは寂しい」「これも時代の流れなんだろうな。いままでありがとう」「さよなら『Field Trip』」といった声が。また「NianticってポケGO以前から位置情報を利用したサービスを作ってたんだ!」との声も上がっている。

『Field Trip』からバトンを渡された『Ingress』や『Pokemon GO』は、今後も多くのユーザーを楽しませてくれるだろう。

『Ingress』『Pokemon GO』のルーツ? アプリ『Field Trip』サービス終了に悲しみの声のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説