『あなたの番です-反撃編-』蘇る袴田吉彦に死亡フラグの西野七瀬…混迷を極める第14話!

 賛否両論の第一章から衝撃の反撃編『あなたの番です-反撃編-』。第14話がオンエアされた。

 先週は選挙特番で休みだったので2週間ぶりの放送だ。最初のころはこんなに続きが気になるようになるなんて思いもしなかった。しかしいまではどっぷりとはまり、毎回ちょっとした敗北感を味わいながら観てしまう。

 今週は物語が大きく動いたものの核心とはまた違った部分が進んだような。それでも衝撃的な物事が多かった回だった。

 第一の衝撃。目が覚めた久住が記憶を失い、かつ自分のことを18歳のときの袴田吉彦だと思っていたこと。今まで何度も袴田吉彦ネタをぶっこんで来た袴田吉彦演じる久住。事件の衝撃で記憶喪失は理解できるが18歳の袴田吉彦だと思い込むってどういうこと!? しかし、その後の久住の行動からその言葉は嘘だと推測される。なぜ久住はそんな不可解な嘘をついたのか。警察もいたから自分が何かしら隠したいことがあったのだろうか。

 第二の衝撃。混沌を極める住民会。横浜流星演じる二階堂と西野七瀬演じる黒島がエレベーターの中で会話をしていることから何かを感じ取った奈緒演じる尾野ち。いままで田中圭演じる翔太に不思議な接近を見せていたのが見るからに二階堂にターゲットを変更したように見える。人のものにしか興奮しないような彼女がふたりをカップルだと思い込んだのだろうか?

 そして西村の元で働き始めたメンバーの親密度が変わったり、生瀬勝久演じる田宮が黒島が笑っているのを見て態度を変えたり……と毎回登場人物全員が怪しく見えるドラマだったが、それにしてもいま残っているメンバーはとにかく色々持ちすぎている。

 新キャラの田中哲司演じる南は、もしかして殺された誰かの身内の人間なのではないだろうか。明らかに何か目的があって引っ越してきているし、毎回調べようと色々なことに踏み込んでいる。来週その秘密が明かされるようだが……。

 第三の衝撃。Twitter上の考察でも色々と推測が飛んでいた荒木飛羽演じる総一。今回二階堂のAIから「快楽殺人犯」かもしれないという結果がはじき出され、かつ父親からの証言からも、人が死ぬところを見てみたいという理由から同級生を突飛ばしたり、小動物を手にかけていたことが発覚した。

 彼はマンションから引っ越した田中レイ演じる空の面倒をみるという名目で、お祭りに参加していた。そこから人気のないところに空を連れて手に掛けようとしていたのだ。二階堂の解析では浮田・赤池夫妻・菜奈を殺した人物として名前が挙がった総一だが、彼は菜奈が死んだときには施設にいたというアリバイがある。総一ではなくて他にもそういった狂気的な人物がいるのだろうか。それとも総一が実行犯なのだろうか。しかしもしそうだとしたら空を単純に絞殺するとは考え辛い。木村多江演じる母の早苗は綿を口に詰め込んで自殺を図ったりと、榎本家は不幸すぎる。

 第四の衝撃は最後、黒幕候補と思われていた黒島がホームに入ってくる電車めがけて突き落とされたこと。ネット上では双子説が根強い彼女。もしその説が当たっていたらもうひとりの黒島が? など、色々考えてしまう。しかし、次回予告の文言を見る限り、彼女は生存しているように思える。

 今回の流れを考えると、背中を押したのは尾野な気もするが、田宮に脅迫っぽいものが届いたことからも、まだ交換殺人の流れが生きていそうだ。その流れでの殺人未遂なのか、翔太と共に事件を追っているから狙われたのか。

 今回は回想だったが、菜奈の姿がみられ、翔太と共に思い出して涙しそうになったり、空の無事を祈ってハラハラしたりと、1週間空いたぶん、衝撃と感情のふり幅が大きい回だった。
(文=三澤凛)

『あなたの番です-反撃編-』蘇る袴田吉彦に死亡フラグの西野七瀬…混迷を極める第14話!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説