京都アニメーションが描いた名作美少女ゲーム『AIR』『Kanon』『CLANNAD』を改めて振り返る

京都アニメーションが描いた名作美少女ゲーム『AIR』『Kanon』『CLANNAD』を改めて振り返るの画像1京アニのKey作品アニメ

 平成以降、最悪の放火事件となった7月18日の京都アニメーション放火事件。いまだに多くの方の安否が不明である。この悲しみを共有し、みんなで乗り越えようと、日本全国、ないしは世界中から支援の声があがっている。

 さて、京都アニメーションといえば『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』『けいおん!』などのイメージが強いだろう。最近では『Free!』『中二病でも恋がしたい!』『響け! ユーフォニアム』などだろうか。もちろんアニメ作品への思いは人それぞれなので、私は『たまこまーけっと』だ、僕は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』だ、など声はあるだろうが、とりあえずの例である。

 筆者はいまあがったアニメ作品も大好きである。Blu-rayを全巻所有しているものだってある。しかし、筆者が懐古厨全開のエロゲーマーということもあり、京アニといえばKeyの名作美少女ゲーム/エロゲーをアニメ化し、一般に広めてくれた会社というイメージがある。

 Keyの美少女ゲームの名作といえば、『AIR』『Kanon』『CLANNAD』だ。これに異論を唱えるエロゲーメーは少ないだろう。『リトルバスターズ!』がアニメ化されるときは、ぜひとも京アニで! という声が多かったのは、記憶に新しい。

 さて、そんな京都アニメーションだが、『AIR』『Kanon』『CLANNAD』をアニメ化し、原作同等、もしくはそれ以上の感涙必至の泣きアニメに仕上げてくれた。古くからの京アニファンは、何をいまさら! と言うかもしれないが、最近のファンはひょっとしたら観たことがないかもしれない。

 いま改めて3作品のすばらしさを振り返ってみよう。

京都アニメーションが描いた名作美少女ゲーム『AIR』『Kanon』『CLANNAD』を改めて振り返るのページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動PCゲームゲームスマホゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説