『ソニック・ザ・ムービー』監督の発言が今さらすぎる「ファンも喜ぶだろう」

『ソニック・ザ・ムービー』監督の発言が今さらすぎる「ファンも喜ぶだろう」の画像1
『ソニック・ザ・ムービー』公式サイトより

「ソニックのデザインが気持ち悪い」と批判を受け、デザインの変更を余儀なくされた映画『ソニック・ザ・ムービー』。デザインの変更に関してプロデューサーが発した一言に、「なぜ最初からそうしなかったのか……」とツッコミの声が相次いでいる。

 同作は、セガの看板キャラクターであるソニックを主人公としたハリウッド実写映画。しかし今年4月に発表されたオフィシャルトレーラーに登場したソニックは、体毛や人間のような歯まで細かく表現されており「気持ち悪い」との意見が殺到した。あまりの不評っぷりに、プロデューサー自らTwitterでデザインの変更をアナウンス。映画の公開は2020年へと延期になったが、プロデューサーの英断に「よくやった!」といった声も少なくない。

 そして7月11日に公開された海外メディア「Variety」でのインタビューでプロデューサーは、一新されたソニックのデザインに「ファンも喜ぶだろう」とコメント。すでにプロデューサーはソニックの新デザインを確認したらしく、ファンが納得するものだと確信を得たようす。

 しかしプロデューサーの今さらすぎるコメントに、ネット上からは「なぜ最初からファンを喜ばせようとしなかったのか」「ファン第一で考えろよwww」「むしろ初期デザインでファンに叩かれないと思ってた事が凄い」「正直新デザインも全く期待できないですわ」といった声が続出している。

 一体ソニックの新デザインはどのように変更されるのか、今後の発表に注目したい。

『ソニック・ザ・ムービー』監督の発言が今さらすぎる「ファンも喜ぶだろう」のページです。おたぽるは、映画その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説