レペゼン地球&ジャスミン炎上商法で批判集中…マキシマム ザ ホルモンも巻き込んでキャリアを傷つける

 本日、マキシマム ザ ホルモンの公式SNSに謝罪告知が掲載された。

 その内容がレペゼン地球とジャスミンのプロモーションMVに出演してしまったことへの経緯への謝罪であった。

 レペゼン地球とは、DJ社長率いるDJグループ/ミュージシャンであり、ジャスミンはDJ社長が運営する事務所・ライフグループに所属するアーティストである。

 事の発端は7月17日のジャスミンによる告発ツイートであった。そこにはLINEのスクリーンショットが貼られており、DJ社長から肉体関係を迫られる生々しいやり取りが掲載されていた。ジャスミンはこのことから、事務所を辞めることを決意したと発表した。所属が発表されたのが7月5日だったため、約2週間での出来事だった。

 ジャスミンの勇気ある告白と決意は多くの同情を集め、SNS上に一気に拡散された。そして、彼女の知名度は一気に上がっていく。それと同時にDJ社長への失望の声も上がり、公式の声明が待たれていた。

 そして昨日の7月20日、ついにDJ社長から公式の声明がYouTubeにアップロードされた。その内容が驚愕するものだった。最初は丸刈りにしたDJ社長が登場するのだが、動画が進むとMVへと変わり、これまでの一環のやり取りが面白おかしく簡易ドラマで描かれ、なんと全て嘘だったと分かるのだ。つまり完全な炎上狙いのだったのである。

 事実、動画の中で今回のジャスミンのツイートを取り上げたシバターを揶揄したり、メディアは勝手に拡散してくれると、これまた小馬鹿にするように歌っていた。動画の後半にはマキシマム ザ ホルモンまでが登場するという力の入れようだった。そして最後はDJ社長の丸坊主もメイクだった…というオチだる。

 動画の完成度は非常に高いもので、その驚愕の内容からレペゼン地球のファンはSNSのリプライで大絶賛。落合陽一やくつざわなど人気インフルエンサーたちもその驚きの手法に絶賛のツイートをしていた。

 しかし、性的被害を利用した手法に批判が集中する。さらに、ジャスミンが以下で後追いツイートをした。

 「今どんな気持ちぃ??」と煽ったのである。

 結果、彼女のことを本気で心配した人たちから、批判の集中砲火を浴びる形となり、さらに炎上していった。この流れにまずいと思ったのか、インフルエンサーたちも賞賛ツイートを削除し、落合陽一も釈明のようなツイートをすることとなった。

 そして、出演したマキシマム ザ ホルモンへも飛び火。謝罪が掲載されたのである。今回の件を音楽メディア関係者へ訊いてみた。

「炎上商法といった意味では成功に見えますが、結果的に一部のファンが盛り上がっただけでした。新規のファンを取りこむことは失敗ですね。むしろ逆効果でした。ジャスミンさんはその後にSNSで自身も性的被害の経験があると、謎の釈明をしたのですが、その行為も意味がよく分かりません。マキシマム ザ ホルモンもイメージを崩してしまい、DJ社長の責任は相当なものですね」(音楽メディア関係者)

 今回の騒動で、DJ社長とジャスミンは何を思うか。それでも知名度が上がったので良しとするのか。しかし、こうした炎上商法に性的被害を織り交ぜて話題になった者たちを、メディアが関係を持っていこうとは思えないだろう。何を仕掛けてくるか分からない彼らとリアルでかかわった場合、マキシマム ザ ホルモンの二の舞にならないとも限らない。

 インターネット上だけで活動していくのなら、炎上商法も良いのかもしれない。しかし、リアルも取り込もうとしたとき、諸刃の剣となることを忘れてはならない。

レペゼン地球&ジャスミン炎上商法で批判集中…マキシマム ザ ホルモンも巻き込んでキャリアを傷つけるのページです。おたぽるは、その他音楽の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説