『ポケットモンスター サン&ムーン』アローラリーグ「マオVSスイレン」が泣けると話題に

『ポケットモンスター サン&ムーン』アローラリーグ「マオVSスイレン」が泣けると話題にの画像1
テレビ東京「ポケットモンスター サン&ムーン」公式サイトより

 アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(テレビ東京系)の第130話「マオとスイレン!友情のゼンリョクバトル!!」が7月14日に放送された。

 いよいよスタートしたアローラポケモンリーグの決勝トーナメント。初戦はサトシVSザオボーの試合。ザオボーはサトシに勝つために、ピカチュウではなく「一番弱そう」と判断したメルタンをスリーパーの念力で出場させるも、バトル中、メルタンがスリーパーの振り子を食べてしまうという展開に。ショックを受けたスリーパーはメルタンに敗れ、サトシは見事初戦突破となった。

 そんな中、もっとも注目を集めたのは第4試合のマオVSスイレン。幼馴染みでもあるふたりだが、マオはアマージョ、スイレンはアシレーヌを繰り出して接戦を繰り広げた。しかし中盤、攻撃を受けて傷ついたアマージョを見たマオは、「すごいよ、スイレン。いつの間にそんなワザ覚えたの?」と困り顔を見せつつモンスターボールを取り出す場面があった。しかし、「戻って」とアマージョを戻そうとするも、アマージョはボールの中に入らず。フィールドにしがみつき、強い意志を持った目でマオを見つめていた。

 マオは、アマージョもスイレンも傷つけたくないという優しい気持ちから試合を放棄しようとしたが、スイレンは、「ねえ、マオちゃん。最後まで戦って」と説得し始めた。「アマージョにこれ以上無理をさせたくないから? それはアマージョが望んだことなの?」「マオちゃんはいつも周りの人をよく見て気を遣ってくれる。私はそんなマオちゃんが大好き。……でも違う、いまは違う。アマージョ、まだバトルしたいんだよ、マオちゃんと一緒に」というスイレンの言葉にマオはハッとし、これまでアマージョとともに歩んできた日々を回想。その結果、「私、一緒に勝ちたい」と決心し、バトル再開するのだった。

 バトルの最後にはマオがZワザを完成させ、はじめて「ブルームシャインエクストラ」を発動。しかし、スイレンも「わだつみのシンフォニア」発動し、ZワザとZワザのぶつかり合いに。相打ちとなったものの、そこで体力のなくなったアマージョはアシレーヌの攻撃を受けて戦闘不能となり、試合終了。しかし、2人はあらためて友情を感じ合ったようだ。

 2人の感動的なバトルシーンに視聴者からは、「優しすぎるがゆえのマオちゃんの行動に泣けた!でも最後まで戦えてよかったね!」「マオとアマージョよく頑張った……涙が止まらない」「いいバトルすぎて号泣した!」といった声が集まっていた。

 この日放送された第2試合イリマVSグズマでは、グズマの勝利、第3試合のハウVSオーキド校長は、ハウの勝利となった。次回も続くアローラリーグから目が離せない。

(福田マリ/ライター)

『ポケットモンスター サン&ムーン』アローラリーグ「マオVSスイレン」が泣けると話題にのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説