与田祐希(乃木坂46)、ゴンゾウの襲撃にファン爆笑 “できそこないのロボット”からの成長に称賛の声

「逃げ水(Type A)」(N46Div.)より
 人気アイドルグループ・乃木坂46の与田祐希が、1日に放送されたバラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に登場。福岡県は、人口約1,600人の“超田舎”な地元・志賀島に帰郷した時の密着VTRが紹介されたのだが、実家で飼う愛ヤギ・ゴンゾウと与田とのじゃれ合いがファンの笑いを誘った。

「与田が2016年に3期生として加入した当初からブログで紹介されるなど、ファンにとってはお馴染みのゴンゾウですが、久しぶりの再会に興奮を抑えきれなかったようで、道端に座り込む主人に襲い掛かる姿を見せました。昨年10月に放送された『天才!志村どうぶつ園』(同)でも、散歩中に何度も与田に抱きついたため、『ゴンゾウ、相変わらずだな』と笑いを誘いつつも、『そのポジション、本当に羨ましい』と嫉妬の声も少なくなかったようです」(芸能関係者)

 ゴンゾウと触れ合う場面はほのぼのとしていたが、17年8月にリリースされた18thシングル「逃げ水」(N46Div./以下同)で、同期の大園桃子とともにWセンターに抜擢された当時のことを振り返るシーンでは、ファンに衝撃を与えることとなった。

「親元を離れての東京暮らしというだけでも大きな環境の変化でしたが、シングル表題曲で初選抜入り&センター大抜擢というプレッシャーには相当苦しんだようで、2カ月で8kgも体重が減ってしまったと与田はコメント。昨年10月24日付のブログでも、『勝手にどんどんネガティブ思考になって自分が嫌いになった時期』と振り返り、言われたことができなかったために、『できそこないのロボットみたいな、そんな感覚でした』と綴っていました。しかし、そんなつらい時期を乗り越え、20thシングル『シンクロニシティ』から最新シングル『Sing Out!』まで4作連続でフロント・ポジション入りを果たし、その活躍ぶりにファンからは改めて称賛の声が殺到したようです」(同)

 番組内では先輩やスタッフから「根性がある」と太鼓判を押された与田。再びセンターを奪取し、今度は堂々とグループをリードする姿を見せてくれる時を楽しみに待ちたい。

与田祐希(乃木坂46)、ゴンゾウの襲撃にファン爆笑 “できそこないのロボット”からの成長に称賛の声のページです。おたぽるは、アイドルアニメアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説