中日応援歌「サウスポー」の“お前が打たなきゃ誰が打つ”は不適切? アニソン・特撮ソングもアウトになる件

 プロ野球・中日ドラゴンズの応援歌「サウスポー」に「不適切なフレーズ」があるとして、当面の間、使用を自粛することを応援団が7月1日に発表した。

「サウスポー」は中日攻撃時にチャンスが到来したときに使われるチャンステーマ。原曲はピンク・レディーのものだが、「スーパースターのお出ましに ベンチのサインは敬遠だけど 逃げは嫌だわ」の部分を「みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ 今 勝利を掴め」という歌詞に変えて歌っていた。

 球団側が不適切だと指摘しているのは、「お前が打たなきゃ誰が打つ」というフレーズ。今シーズンから中日の指揮を執る与田剛監督が、子供たちも応援する中で選手を「お前」と呼ぶことを疑問視。球団がその旨を応援団に伝えた結果、応援団が使用を自粛することとなった。

 ただ中日といえば、別のチャンステーマで「〇〇(相手球団名)倒せ ドラゴンズ」と歌い、水木一郎が歌唱を担当する応援歌『燃えよドラゴンズ』では「燕落として大男 息の根止めて 勝ち進め」というやや物騒な歌詞もある状態。加えて、「お前」は他球団の応援歌・チャンステーマでも使われている言葉だ。そのため、「燃えよドラゴンズのほうが不適切ワードだらけでしょ」「なんで今更?」という疑問の声も多い。

 竜党と知られる立川志らくは「これは本当にナンセンス。言葉狩り」「『お前』という歌詞が子供に悪影響って意味不明」と与田監督を非難。ネット上でも「行き過ぎた言葉狩り」といった批判の声が上がっている。

中日応援歌「サウスポー」の“お前が打たなきゃ誰が打つ”は不適切? アニソン・特撮ソングもアウトになる件のページです。おたぽるは、スポーツその他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!