あの大人気マンガもお祓い済み?意外と身近な出版業界のオカルト事情「幽霊よりも鬼がやばい」

※イメージ画像

 ホラー映画のクランクインのとき、悪いことが起こらないようお祓いをしてもらっている映像などを見たことはないだろうか。

 もちろんそれ以外のジャンルでもヒット祈願などでお祓いをするケースもあるのだが、なんとくイメージは悪いことが起きないよう、ホラー映画でするもの…というイメージがあるにはある。しかし実はこのお祓い、ホラー映画だけではなく、出版界やおもちゃ業界でも頻繁に行われているのだ。

「うちで連載している作品は少なくともお祓いをしていますよ」(大手出版社 少年漫画誌編集者)

 マンガはその性格上、人の死や幽霊、悪魔、鬼などいわゆる不吉なものが登場しやすいのは分かる。しかし、作品自体はホラーではないもののほうが一般的には多いだろう。しかし、そういった作品では一度でも登場する回があると、その度にお祓いしているという。今年のアニメ化された超人気タイトルも例外ではないとのことだ。

「お祓いっていうと、幽霊とかのイメージかもしれませんが、実際は幽霊よりも悪魔や鬼が登場する作品のほうが圧倒的にやばいんですよ。先生によってはこの慣例を嫌がるのですが、過去にお祓いしなかった作品はほとんどトラブルに見舞われたので、いまではみんな受け入れてくれますね」(同)

 80年代に連載された人気格闘マンガの作者はお祓いを拒否したそうだ。そのときは考えられないようなトラブルばかりが起き、最終的にはお祓いをしてたところ、トラブルが沈静化したらしい。これを機に上記の関係者の会社では、絶対にお祓いをすることになったのだとか。

 しかし、これはフィギュアなどにも当てはまるらしい。

「うちでも悪魔とか、鬼とか、不吉な存在のフィギュアを発売する際にはお祓いをしていますよ」(大手おもちゃ会社プロデューサー)

 フィギュアなどは邪悪な存在をこの世に作り出すのだから、よくよく考えればお祓いして当然なのかもしれない。広い意味では、仏像を彫るのと逆の行為をしているわけだから。

 意外とみんなが手にして、見て、読んで、楽しんでいる作品は、それを生み出すという苦労意外に、思いもよらぬ苦労の末に誕生しているわけだ。今後、マンガに鬼や悪魔が登場した際は、お祓いしたんだろうな、と考えると、またちょっと違う楽しみ方ができるかもしれない。

約束のネバーランド

約束のネバーランド

鬼が出てきますね・・・

あの大人気マンガもお祓い済み?意外と身近な出版業界のオカルト事情「幽霊よりも鬼がやばい」のページです。おたぽるは、騒動・話題漫画フィギュアマンガ&ラノベホビーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!