『サザエさん』“カツオ新聞”が和菓子屋さんを救う!? カツオのジャーナリズムに称賛の嵐

『サザエさん』カツオ新聞が和菓子屋さんを救う!? カツオのジャーナリズムに称賛の嵐の画像1
サザエさん フジテレビ公式サイトより

 6月23日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)では、カツオの“オリジナル新聞”が「大手柄」だと話題に。ネット上で大反響が巻き起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう!

 話題のエピソードは作品No.7956「カツオ、スクープを追う」。ある日磯野家では、カツオの情報力が話題に。他人の行動パターンを熟知するカツオに対し、マスオが「カツオくんはなかなか情報通だね」「ジャーナリストの素質があるかもしれないよ」と発言したことで物語は意外な方向へ展開していく。

 その日からジャーナリズムに目覚めたカツオは、自力で“カツオ新聞”を作成。記念すべき第1号の見出しには「磯野家前で事件発生!!」と書かれ、新聞には「通行人がずぶ濡れになる事件が発生した。原因は水撒きをしていた、そそっかしい主婦・Sさんの度重なる不注意である」と綴られていた。

 もちろん“そそっかしい主婦・Sさん”とはサザエのこと。その他にもサザエの失態が暴露されており、当の本人はあまり良い気持ちがしない。しかしサザエ以外の家族からは、「カツオにしては文章がしっかりしてる」「絵もよく描けてるわ」「立派な新聞だね」と大絶賛。気分を良くしたカツオは、その後も“カツオ新聞”の発行を続ける。

 カツオ新聞は磯野家だけでなく、番組視聴者からも「カツオ新聞、全てが良すぎる!」「絵心がある。特にドラ猫を追いかけるサザエの絵が可愛い」「イラスト付きで見やすいし、見出しのつけ方も完璧。ジャーナリストの素質あるな……」と大好評のようだ。

 さらに番組後半では、“あさひが丘のグルメ特集”を作成するカツオ。家族やクラスメイト、地域の人々にアンケートを行い、「あさひが丘の残したい味」ランキングを見事に完成させる。カツオ新聞のお披露目会にはカツオのクラスメイトも参加し、みんなでランキング結果を心待ちに。そんな中、見事第1位を獲得したのは“旭堂の豆大福”だ。

 誰もが納得する調査結果だったが、実は1位になった旭堂には近日中に閉店するという噂が。しかしカツオが今回の結果を旭堂に報告したところ、気を良くした店主は廃業の取りやめを決意。結果的にカツオ新聞が旭堂の存続を守る形となり、ネット上では「カツオ、大手柄じゃないか!」「これぞジャーナリズム。思わず感動した」「カツオ新聞がお店存続の糧になるとは……。素晴らしいの一言に尽きる」と称賛が相次ぐ事態に。

 磯野家やクラスメイト、さらには視聴者の心までも掴んだ“カツオ新聞”。残念ながら最終的に“中島たちと遊べなくなるから”という理由で休刊となり、「え~、もったいない」「もっと見たかったな」と惜しむ声も少なくない。

 いつもはトラブルの元となるカツオだが、今回は偉大な功績を残したようだ。

『サザエさん』“カツオ新聞”が和菓子屋さんを救う!? カツオのジャーナリズムに称賛の嵐のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!