「かめはめ波」を考えたのは鳥山明じゃない!? 知られざる“必殺技”の由来

「かめはめ波」を考えたのは鳥山明じゃない!? 知られざる必殺技の由来の画像1
「円谷プロ」公式サイトより

 6月13日放送の『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK)では、“必殺技のおなまえ”を特集。「かめはめ波」「空手チョップ」「スペシウム光線」などの由来が明かされ、驚きの声が上がっていた。

 たとえば歴史的なプロレスラー・力道山の「空手チョップ」は、アナウンサーに必殺技の名前を聞かれてとっさに答えたのが由来。当時のプロレスは“必殺技”という概念が浸透していなかったのだが、“空手”という日本の武術が盛り込まれたネーミングが大ウケしたのだという。

 ウルトラマンの「スペシウム光線」は、宇宙を表す“スペース”とマグネシウムなどの“ウム”を掛け合わせて「スペシウム」という造語に。そして『ドラゴンボール』の「かめはめ波」は、亀仙人の必殺技を考えていた鳥山明に妻が「かめはめ波っていうのはどう?」とアドバイスして誕生した。知られざる必殺技の由来に、ネット上では「かめはめ波って鳥山先生の嫁が考えたのかよ!」「なんとなくスペシウム光線の由来は“スペシャル”からきてると思ってた」といった声が上がっている。

 ちなみに必殺技の由来といえば、以前『ドラゴンクエスト30th ~そして新たな伝説へ~』(NHK)という番組で堀井雄二が“呪文の由来”を語ったことも。たとえば回復呪文のホイミは、“身(ミ)を守る”や“保(ホ)温”といったイメージで名づけたそうだ。

 割とひょんなところから生まれる必殺技のネーミング。しかし長年に渡り愛されているところを見ると、やはり最終的にものをいうのは生みの親のセンスなのかもしれない。

「かめはめ波」を考えたのは鳥山明じゃない!? 知られざる“必殺技”の由来のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

漫画村の問題はみんなで考えていかないといけない
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!