『ちびまる子ちゃん』某アニメと思わぬコラボ?「十姉妹」エピソードにおそ松ファン大興奮!

 6月16日放送のTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)が、「『おそ松さん』とのコラボかと思った」と話題に。今回もネット上で大反響が起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『まる子、十姉妹を飼いたい』の巻。ある日、まる子が雑貨店「みまつや」の前を通りかかると、「ジュウシマツのヒナ差し上げます」と書かれた張り紙を見つける。「十姉妹(ジュウシマツ)」とは体長10cmほどの小鳥のことで、みまつやのお客さんがヒナの飼い主を探しているという。

 まる子は家に帰るなり、早速“ヒナを飼いたい”とすみれに懇願。「自分のこともちゃんとできないアンタに、生き物の世話なんてできるわけないでしょ」と一蹴するすみれだったが、まる子は「心を入れ替えて自分のこともちゃんとやる」「十姉妹が飼えるなら、あたし何だってするよ!」と熱心に交渉し続けた。まる子の熱意に折れたすみれは、最終的に十姉妹の飼育を承諾。ただし条件つきで、「朝は自分で起きること」「学校から帰ったらすぐに宿題をやること」の2つを3日間続けなければならない。

 まる子は何とか2日間条件を守り切るが、3日目で約束を破ってしまう。というのも、花輪クンから高級サクランボのお裾分けを持ちかけられていたまる子。すみれの留守をいいことに、宿題を放棄して外出しようとしたのだ。不運にも玄関先でバッタリすみれと出くわし、十姉妹の件はすべて白紙に。目先の幸せに惑わされたまる子は、十姉妹を泣く泣く諦めざるを得なかった。

 まる子に対する同情の声はさることながら、中でも視聴者の興味を一際惹きつけたのは「十姉妹」という言葉。どうやら十姉妹を赤塚不二夫原作の『おそ松さん』(テレビ東京系)に登場する、松野家五男・十四松(じゅうしまつ)と勘違いした視聴者が続出しているようだ。

 実際にネット上では、「『ちびまる子ちゃん』から“十姉妹”って聞こえて、一瞬『おそ松さん』とコラボしてるのかと思った」「『まる子、十姉妹を飼いたい』を『まる子、十四松を飼いたい』と勘違いした人は、きっと私だけじゃないはず(笑)」「『ちびまる子ちゃん』で十姉妹を言う度に、頭の中で『十四松』と変換される」「『ちびまる子ちゃん』で『十四松を飼いたい』って言うから、まるちゃんどうした!?  ってなったら十姉妹ね……」といった声が相次いでいる。ちなみに一説によると、そもそも「十四松」という名前は「十姉妹」から来ているらしい。

 以前には松野家三男・チョロ松を演じる神谷浩史が、『ちびまる子ちゃん』のひろしくん役を務めて話題になったことも。もしかしたら「ちびまる子ちゃん×おそ松さん」のコラボも、夢ではないのかもしれない?

『ちびまる子ちゃん』某アニメと思わぬコラボ?「十姉妹」エピソードにおそ松ファン大興奮!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

漫画村の問題はみんなで考えていかないといけない
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!