「E3 2019」で大忙しの野村哲也、各ゲームのTwitterにも降臨し「働きすぎ」と話題

「E3 2019」で大忙しの野村哲也、各ゲームのTwitterにも降臨し「働きすぎ」と話題の画像1
『FINAL FANTASY VII REMAKE』公式サイトより

 世界最大級のゲームの見本市「Electronic Entertainment Expo(E3)」が今年も開催され、スクウェア・エニックスも様々な新作情報を発表。ファンを大いに盛り上げていたが、その裏でゲームクリエイターの野村哲也が「働きすぎ」と話題になっている。

 今回の「E3」でスクウェア・エニックスが公開したのは、『FINAL FANTASY VII REMAKE』の新作トレイラーや『キングダム ハーツIII』の有料DLC『Re Mind』など。特に『FINAL FANTASY VII REMAKE』の“ティファ”が初お披露目された時は、会場に叫び声のような歓声が轟いていた。さらに発売日の情報も解禁され、“2020年3月3日”に全世界同時発売されることが決定。その他にも『FINAL FANTASY XIV:漆黒のヴィランズ』や『Marvel’s Avengers』といった注目作の情報も登場し、世界中の注目を集めている。

 そんな中で野村は、『FINAL FANTASY VII REMAKE』や『キングダム ハーツIII』といった超ビッグタイトルに関わっている重要人物。当然「E3」にも登壇し、会場のファンを沸かせていた。さらに各ゲームの公式Twitterには、「@野村」と署名された複数のツイートが。

 新情報発表の興奮冷めやらぬ中でのファンサービスに、SNSなどでは「もっと休め野村! でもやっぱり『FF7R』早くやりたいから休むな野村!」「『FF7R』と『KH3』で忙しい中Twitterにも降臨してくれるなんて!」「頑張れ野村!」と温かい声が寄せられている。

 オーバーワークが心配されている野村だが、今後もゲーム業界をけん引していくことは間違いないだろう。

「E3 2019」で大忙しの野村哲也、各ゲームのTwitterにも降臨し「働きすぎ」と話題のページです。おたぽるは、騒動・話題ゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!