華山みおの物語探索 その56

『アラジン』青いウィル・スミスが意外とマッチしている?CGで蘇るアラジンの世界がすごい!!

 みんな大好き、ディズニーのアラジンが待望の実写化! 今回は映画『アラジン』をレビューします。

 ダイヤモンドの心を持ちながらも、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジン(メナ・マスード)。彼が巡り合ったのは、王宮の外に自由を求める王女ジャスミン(ナオミ・スコット)、そして“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー(ウィル・スミス)。果たして3人は、この運命の出会いによってそれぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか……?

 小さな頃から一体何度アニメのアラジンを見たでしょう。何度も何度も「A Whole New World」を口ずさんできました。空飛ぶ絨毯や魔法のランプ、ジーニーなど実写などできるはずもないと思っていた作品が、まさかの実写映画化ですよ。現代の技術には驚くばかりですが、大好きなアラジンの世界がリアルに再現され、大きなスクリーンの中でアラジンの世界に飛び込んだような気分を味わえました。

 最近のディズニーの実写化ラッシュで、どんな魔法の再現も可能なのは分かっていました。でも問題は、青い大きな体で自由自在にカタチを変えるランプの精、ジーニーです。

 オールCGを想定していたらまさかのウィル・スミス! 最初はジーニーを観ているというよりも青いウィル・スミスを観ているという感じがしていたものの、アラジンとの息の合ったコンビを観ているうちに、どんどんジーニーにピッタリ! と思えてきました。

 あの青いジーニーはオールCGだそうですね。CGってすごい。

 ジーニーと言えば! という楽曲「Friend Like Me」、このシーンが最高でした! アラジンとジーニーが一緒に踊ったりアブーがドラムを叩いたり、小さな頃にワクワクしたアニメ版と同じくらいワクワクしました!

 このシーンで観ているみんながジーニーの魔法にかかるんですよね。アラジンの世界にぐっと引き込まれる大事なシーンです。

 もちろん、アラジンとジャスミンの身分違いの恋の始まりも描かれます。魔法の絨毯に乗ってアグラバーの夜景を見ながらの「A Whole New World」……ロマンチックだし憧れるーー! 

 魔法の絨毯は捕まるところがないから、実写だとちょっと怖さも感じますが、やっぱり憧れですよね。魔法の絨毯は動きがすごくかわいいので、作中の動きにも注目です。アブーと仲良しなのもすごくかわいかったです。

 アブーも魔法の絨毯も、すごくリアルにサルと絨毯なんだけど、動きのコミカルさでかわいらしさが増しますよね。セリフがあるわけでもなんでもないのに、このふたり(?)は大事な仲間。大好きです!

 ディズニー映画はプリンセスが肝ですが、ナオミ・スコットが演じるジャスミンの美しさ。アニメ版との大きな変更点は、ジャスミンが国を背負う覚悟を持ったプリンセスだということ。そして、唯一の新曲「Speechless」。ジャスミンが「私を見くびらないで」と歌い上げるこの曲がめちゃくちゃかっこいい!!! この曲を聴くだけでもこの映画を観る価値があるように思います。ジャスミンの内面の美しさと強さが、画面からも歌声からも伝わってくるシーンです。

 そしてジャスミンの侍女のダリアとの仲もかわいかった~。侍女だけど親友みたいに恋の相談をして、一緒に眠って……。ダリアも中々に肝の据わった女性で、さすがジャスミンの侍女なだけありますよね。

 全部見終わった後にもう一度オープニングが見たくなるエンディングを迎えて、とっても満たされた気持ちで映画館を出ました。

 小さな頃から憧れていたアラジンの世界。見終わった後はディズニーシーに行きたくなっちゃいました。時が経っても、アニメでも実写でも、アラジンは最高の物語です。ぜひ劇場に足を運んで観てください!
(文=華山みお)

『アラジン』青いウィル・スミスが意外とマッチしている?CGで蘇るアラジンの世界がすごい!!のページです。おたぽるは、人気連載映画その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!