『インハンド』ラスボスはまさかのエボラウィルス!パンデミックを防げるのか?第10話レビュー

 山下智久主演サイエンス医療ミステリードラマ『インハンド』の第10話がオンエアされた。

 紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村を訪れる。村では、福山(時任三郎)が計画する危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設の誘致をめぐって反対運動が行われていた。

 自然豊かな相羽村を堪能する紐倉だったが、ある日、福山と話をするために施設の拠点となる予定の場所を訪れる。施設の建設をやたらと急ごうとする福山に、紐倉は疑念を抱く。

 そんな中、高家の幼馴染・美園(石橋杏奈)の父・実喜男(中本賢)が吐血をして倒れ、病院へ搬送される。その症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘。村は封鎖され、日本中を巻き込む事態へと発展する…。

 栃木県の高家実家に向かう紐倉と高家。里帰りになぜついてくるのかと文句を言う高家だが、紐倉には思惑があってついてきているようだ。

 紐倉は、福山からBSL4の新施設設立に勧誘されていたのだ。自身の目で相羽村を訪れ、現在の状況を確認する。

 高家がのびのびと育った地元はお母さんをはじめ、皆良い人そうで自然も多く、紐倉の好きな寄生虫もたくさんいる良い地だった。しかし、村の中ではBSL4施設設立の反対運動が大き行われていた。高家の同級生が青年会の会長として活動をしている。村ではやはり、施設ができることへの不安は大きいようだ。

 自分の生活する土地で、レベル4の感染症を研究する施設ができるのは、怖いに決まっている。施設内がどれだけ気を配っても、万が一が起こらないとは言い切れないのだから。

 しかし、その万が一が起こってしまう。高家が過去好きだった同級生の父親が、熱のような症状を経て死に至った。猿に引っかかれた傷から、エボラウイルスに感染したのだった。

 彼は家から病院で咳を撒きちらし(マスクもしていなければ口を手で覆いもしていない)、帰りのバスで吐血をした。オーバーな表現なのは重々承知なのだが、血を相手の顔に塗りたくったり、手を覆わないで咳をしまくるのは観ていて辛かった。

 血を塗りたくられたバスの運転手さんも感染し、熱だと思い込んでいた時に娘が頬にキスをしてくれていた。もちろん娘も感染してしまう。

 紐倉が親友を亡くした5年前の事件と同じ新型エボラウイルスの感染が始まり、相羽村は即座に閉鎖状態となる。

 生まれ育った村のために、懸命に救助に当たる高家。そして5年前の借りを返そうとする紐倉。彼らがこの窮地を脱することはできるのか。

 次週いよいよ最終回。いったいどのように終るのか。楽しみに見届けたい。
(文=三澤凛)

『インハンド』ラスボスはまさかのエボラウィルス!パンデミックを防げるのか?第10話レビューのページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

漫画村の問題はみんなで考えていかないといけない
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!