『わたし、定時で帰ります。』モンスター上司とはどう戦えばいいのか…最終的に幸福になるのは誰?第9話レビュー

 今季大注目のドラマ『わたし、定時で帰ります。』の第9話がオンエアされた。

 福永(ユースケ・サンタマリア)から突然会議室に呼び出された結衣(吉高由里子)は、“晃太郎(向井理)が自分の会社を辞めた本当の理由”を聞かされ、チーフとして定時には帰らず、残業するよう提案される。
 そんな中、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永の姿が…。
 残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするように…。
 一方、結衣と巧(中丸雄一)は結婚式の準備を始めるが、結衣の仕事が忙しくなるににつれてすれ違いが増えていく――。

 星印の仕事が始まってからばたばたとする社内。それもこれもモンスター上司・福永のせい。しかし、その星印を強引に受注した片棒を担いだ福永の上司が異動。それゆえに何かあったら福永が責任を取れ、と釘をさされる。

 確実に残業が確定しているスケジュールだが、残業も会社的にNG。追い詰められた福永だが、もちろんタダでは転ばない。

 結衣のチームのメンバーをひとりずつ飲みに誘い、口八丁手八丁で相手を懐柔。やる気をださせ、無料で請け負った仕事をサービス残業でやらせることに成功する。それぞれの痛いところや認めてもらいたい部分を上手に突いて、無料の仕事だってやってやる! という気にさせるのは凄いと思うが、ひどい上司だ。部下が体を壊してまでも、自分の手柄が欲しいのか。

 その中でも種田に憧れていた来栖は、寝食を忘れて仕事に打ち込む。会社で仕事をすると残業がばれてしまうので、近所のファミレスで仕事をしたり、栄養ドリンクを飲んだりして乗り越えようとするが、無理が祟って倒れてしまう。いつかの種田を思い出した結衣は心配し諭すのだが、聞き入れてもらえない。そんな話を耳にした種田の弟、愁が来栖に会ってみたいと持ち掛ける。

 愁が来栖にかける言葉を聞き、過去の自分の言動を省みる種田。今週もかわいい種田。頭身が高いよ種田。素敵な上司すぎるよ種田。自身のオーバーワークの上に部下たちのカバーもする種田。過去の福永の会社での過労も、結衣と結婚するために転職を試みていたのだった。本当に彼はなんなのだろう。顔も性格もカッコよすぎてちょっと怖い。絶対に幸せになってもらいたい。

 そんな種田の幸せのためにも、さらに幸せにならないといけない結衣に暗雲が立ち込める。仕事面が暗雲だらけなのは言うまでもないが、婚約者の巧との間にも不穏な空気が流れ始める。巧がすごくいい彼氏なのは確かだが、種田がパーフェクトすぎるので、たまに「あれ?」と思う瞬間がある。

 例えば、強引に家賃20万の家を決めてしまったり、残業続きの結衣の状況を知りながら退勤後の映画デートを提案してきたり、些細ことだが、おや? と思うところが見え隠れする。高い家賃の家を借りた直後に「僕、結衣ちゃんとはやっぱり結婚できない」とか言い出すな! そんな爆弾を落としておきながら、なんと来週は最終回とのこと!! 

 結衣がいつも同僚にかける言葉、多くの人が救われているのではないだろうか。愁のように、仕事に行くのが辛くて、もう死んでしまいたいなんて考えている人に「こんな風に休んでいいんだ」と思わせ、「自分らしい働き方をみつけてほしい」と言えるようになるまでにしてくれた結衣の「頑張らない」を頑張る、「仕事」は人生のすべてじゃないよと、仕事への取組み方が見れる素敵なドラマだ。そして種田というご褒美みたいな存在を堪能させてくれて、感謝しかない。

 来週最終回。福永と結衣はどう折り合いをつけるのか。巧と種田との三角関係の行方は? 星印の案件はどうなるのか? 全力待機!
(文=三澤凛)

『わたし、定時で帰ります。』モンスター上司とはどう戦えばいいのか…最終的に幸福になるのは誰?第9話レビューのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!