男性声優・上田燿司の声優論が話題に!“話題の超大作”で専業声優が起用されない理由とは?

「アミュレート」公式サイトより

 今年5月に男性声優の上田燿司がTwitterを更新。専業声優の演技が“不自然”と思われている問題について語り、注目を集めていた。

 近年話題のアニメーション映画などでは、主人公や重要な役どころに俳優やお笑い芸人を起用する作品も少なくない。最近でも、6月14日公開の『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の日本語吹き替え版に吉本坂46全員の起用が発表され、物議を醸したばかり。そのたびに議論を呼ぶのが「なぜ声優を起用しないのか」という問題。当然話題性などの兼ね合いもあると思うが、「アニメ声優だと演技がわざとらし過ぎるのでは?」といった意見もよく見かける。

 そんな中、上田はTwitterで「期待大の作品ほど、声優は使われなくなってきている」と問題を提起。その上で「宣伝絡みもあるが、変な声で不自然な演技をするって、本気で起用側に思われている節もあるだろう。型が目立ったり、台本読解が甘かったりの部分も…」「先人が積上げた素晴らしい技は継いで行きたい」と主張していた。

 また“自然な演技”について、「普段の喋りと比べて“自然”ではなく、その作品と場面のための“必然”が結果的に見る方が自然に感じる事なのかな」と一歩踏み込んだ意見も。上田の声優論に、SNSなどでは「確かに“流行りの型”みたいなのに捉われてると、いつまでも“声優の演技は不自然”ってイメージが拭えないのかも」「実写の吹き替えだと、TVアニメとは求められる演技も違ってくるだろうから大変そう」といった声が寄せられている。

 また「声優に“不自然な演技”ばかりを求めている、アニメ業界全体の問題でもあるのかな?」という指摘も。“プロの声優=不自然”というイメージが払拭される日はくるのだろうか。

男性声優・上田燿司の声優論が話題に!“話題の超大作”で専業声優が起用されない理由とは?のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説