“腐女医”のさーたりが『あさイチ』に出演! 腐女子界隈で「絶対強い」と話題に!?

腐女医のさーたりが『あさイチ』に出演! 腐女子界隈で「絶対強い」と話題に!?の画像1
「さーたり」公式ブログより

 漫画家で外科医で3児の母の“さーたり”が、5月24日の『あさイチ』(NHK)に出演。番組では“医療”の部分にフォーカスが当てられていたものの、番組をきっかけに彼女を知った“腐女子”たちは「この人絶対強い」とざわついている。

 さーたりは外科医として働きながら、『腐女医の医者道!』(KADOKAWA)を執筆している漫画家。“腐女医”とは腐女子と女医を掛け合わせた造語で、番組ではそんな彼女が『ブラック・ジャック』(秋田書店)や『メスよ輝け!!』(集英社)、『コウノドリ』(講談社)といったおススメの医療漫画を紹介していた。

 いずれも医療漫画として評価が高い名作だが、いわゆる“BL本”のようなド直球の作品ではない。しかし番組で彼女は博多大吉に“腐女子”かどうか質問され、「嗜む程度に……」と回答。この一言に世の腐女子たちは何かを感じとったのか、「この人、できる……!」「趣味を聞かれて“嗜む程度”って答える人はだいたいレベルが高い」「一気に親近感が湧いた」との声が上がっている。

 ちなみにさーたりは番組終了後、Twitterで「自宅収録のマクロスΔ語りと抱きまくらとキスメサトークがまるっとなかったことに! うんわかってる!! 朝だから! 爽やかな朝の番組だからな!!」とツイート。キスメサとは『マクロスΔ』(TOKYO MX)に登場する“キース・エアロ・ウィンダミア”と“メッサー・イーレフェルト”のカップリングのことだが、さすがにカットされたようだ。

 漫画家で外科医で3児の母で、その上“腐女子”も兼業しているさーたり。一体どのような生活を送れば、これほどのマルチタスクをこなせるのだろうか。

“腐女医”のさーたりが『あさイチ』に出演! 腐女子界隈で「絶対強い」と話題に!?のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!