アニメ『女子かう生』いまどきJKが影絵で遊ぶか?相変わらず時代設定が古臭くも、安定な萌えを見せてくれた第9話レビュー

 みんな大好き、女子高生の日常『女子かう生』。今回は第9話。

 古井まゆみが双葉女子高校に転校してきた日の昼、もも子はまゆみの隣にいきなり座ると、手で何かを作って威嚇するようにガッと上に上げる。それを見て思わず怖がるまゆみだが……。

 そうだ、まゆみは転校生だった。だから制服が違うという設定だった。この話にストーリーがあることを段々忘れてきてしまう。

 1年前に転向してきたまゆみ。元からおっとりした感じのまゆみは、もう出来上がっている友人関係に自分から入ることができないまま、昼休みを迎えた。ずっと隣の席が空席なのを気にしていたら、昼休みになってやっと登校してきたもも子が座るのだが、なんだかもも子が怖くて委縮してしまう。

 結局まゆみは友達ができないまま下校する。すると河原にいたのはあの強面のもも子。ひとりで何やら必死な動きをしている。どうやら影絵を作って遊んでいるらしい。

 ……えっ!? ちょっと待ってほしい。JKって、ぼっちで影絵遊びするか?

 とにかく、もも子が影絵で目を作っているところにまゆみもそっと参加する。そこから意気投合してふたりで暗くなるまで影絵遊びをするのだった……。

 いやいやいやいやいやいや……マジか。これはJKの日常をのぞける話だと思っていたが女子小学生かな? JSかな?

 ほのぼのしててかわいいのだが、ちょっと不思議な気持ちだ。そんな出会いからいまに至る中で、しぶ美も加わり三人で仲良く女子かう生ライフを満喫しているのか。

 サイレントな女子高生の日常。来週はどんなゆるゆるな日常がのぞけるのか……。
(文=三澤凛)

アニメ『女子かう生』いまどきJKが影絵で遊ぶか?相変わらず時代設定が古臭くも、安定な萌えを見せてくれた第9話レビューのページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説