とうとう声優が“鏡”から語りかけてくる時代に!? 電化製品になった声優たち

 声優といえばアニメや映画の吹き替えなどで声を聞く機会が多く、“スクリーンの向こう側”の存在というイメージがあるかもしれない。しかし技術の進歩が目まぐるしい現在、声優たちの在り方も変わろうとしている。

 第3期が放送されたテレビアニメ『進撃の巨人』(NHK)。同作でエレン・イェーガー役を務める声優・梶裕貴の声が、「スマートミラー」でいつでも聞けるようになった。

 スマートミラーとは、スマートフォンのように電子機能を備えた鏡のこと。鏡面仕様のディスプレイに映った顔を分析して、その日のコンディションを教えてくれるハイテクな鏡だ。そんなスマートミラーを開発するノベラ(Novera)が、新型のスマートミラーの声に梶を起用。自分の状態を梶のイケボで把握できる。

「あんた、素材はなかなかいいよね」などと梶の声で褒めてくれる同商品に、ネット上からは「梶くんに褒められるならメイク頑張っちゃう~」「こんなんあったら家から出ないわ」「めちゃくちゃほしい。お姫さま気分になれそう」との声が続出していた。

 今回は梶のように、電化製品になった声優たちをご紹介していこう。

とうとう声優が“鏡”から語りかけてくる時代に!? 電化製品になった声優たちのページです。おたぽるは、声優アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説