『インハンド』人間は遺伝に抗うことができないのか?サイエンスメディカル対策室のメンバーにも注目していきたい第8話レビュー

 山下智久主演サイエンス医療ミステリードラマ『インハンド』。第8話がオンエアされた。

 紐倉(山下智久)は、SNSで話題になっている“呪いの血のポスター”に興味を持つ。それは園川務(柄本明)が会長を務める巨大企業キガシマホールディングスのポスターで、務の息子であり後継者候補の直継(夙川アトム)が飛び降り自殺をしたことが発端だった。

 モデルの頭部が血のように赤く染められた“呪いの血のポスター”は、本当に直継の自殺と関係しているのか?紐倉は、高家(濱田岳)、牧野(菜々緒)と共に直継の自殺の真相を調べることに。

 調査を進める3人の前に、経産省のアドバイザーを務める遠藤匡晃(要潤)が現れる。なんと遠藤は紐倉の大学の同期で、偶然にも同じ事件を調べていた。昔から紐倉を一方的にライバル視している遠藤は、今でも対抗心むき出し。何かにつけて紐倉に絡んでくるのだった…。

 そんな遠藤を横目に紐倉たちがさらに調べを進めると、園川家に伝わる“鬼の血”伝説に辿り着く。鬼の血の伝説とは一体何なのか?驚きの事実が明らかになる…。

 今週は、なんだか画面が賑やかだった。牧野が所属する「サイエンスメディカル対策室」の面々が、紐倉の研究室に慰安旅行がてら顔をだしにきたのだ。

 思えば初回からずっとちょこちょこ登場はしたものの、牧野以外のサイエンスメディカル対策室メンバーは、見せ場という見せ場がないままここまで来てしまった。オリエンタルラジオの藤森慎吾や、光石研という面々がいながら物語後半まで注目されないのは、実にもったいない。今回の話も特に目立った動きがあったわけではないが、紐倉がアドバイザーとして正式に参加してから、この面々とは大分打ち解けている様子。

 よくよく見ているとみんなクセが強そうだ。今日、蛇に巻かれていた城田。毎回ちょこちょこ画面に見切れる際に顔芸がすごいなぁと思っていたのだが、今回もちょっとしたシーンで表情のクセが強かった(笑) 一度気になるとつい見てしまう。

 ちなみに彼らのサイエンスメディカル対策室、壁に「今月のコーヒー」って書いてあったのだが、誰かコーヒー好きでもいるのだろうか。細かい設定がついてるみたいなので、そういう部分にも注目だ。これから彼らがメインになる回はくるのだろうか。

 そんなサイエンスメディカル対策室の面々と紐倉が、今回も事件に首を突っ込む。回りくどさとしつこさが特徴の経産省の遠藤が、紐倉たちの前に立ちはだかる。なんと大学の同期で、昔から何かと突っかかられていたらしい。

 今回のテーマは「遺伝」。遺伝とは、生物の形質が親から子・孫に伝わること。自身の顔や体型が段々両親に似てくることや、親戚が並んだ時に遺伝を感じることなど、生きていればその強さを感じることは多々あるだろう。体内に組み込まれた、決してあらがうことができないものだ。

 しかし、果たしてそうなのだろうかと紐倉は疑問を投げかける。 

 キガシマホールディングスの跡取りとして期待されていたにも関わらず自殺をしてしまった直継。それは遺伝を苦にしたものだと突き止めた。直継自身も遺伝を気にするあまり自身の遺伝について調べたうえで色濃くでる逃れられない血に絶望したのだった。

 人間は生まれなのか、育ちなのか。遺伝子なのか環境なのか。もちろん遺伝子にあらがえない部分は大きいだろう。自身の出自を知らなかったとしても、知らずにその遺伝を受けついでいる場合も多くあるという。 

 しかし、人間の成長には環境も大きく影響することは間違いない。毎日の習慣が人を作るのだ。

 直継は小さな頃からずっと、自身の家系にまつわる呪われた遺伝についてクドクドと言われながら育った。普段意識しなくとも、脳裏にやきついたその遺伝に関する情報は刷り込みのように、彼の行動理念に結びついていたのかもしれない。

 しかし直継が知らずに残した子供がいた。彼は直継と同じ赤い髪で、直継のように絵を描くのが好きだった。遺伝を恐れるあまり子供を作ることを怖がっていた直継。彼がこの子の存在を知っていたら、また別の未来があったのだろうか。

 子供を亡くし、さらに血を憎んでいたキガシマホールディングスの社長園川は、突然できた孫に目を細め遺伝子にとらわれた過去と決別するのだった。

 毎回毎回、ハッとする切り口のストーリーを見せてくれるこの物語も残すところあと数話。紐倉の過去編も前編で終わったので、今後は組織の話になっていきそうだ。次週以降にどんな展開がまっているのか。来週も楽しみだ。
(文=三澤凛)

『インハンド』人間は遺伝に抗うことができないのか?サイエンスメディカル対策室のメンバーにも注目していきたい第8話レビューのページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!