“ゴーストライター疑惑”で話題の青山剛昌、やはり超人だった!?

ゴーストライター疑惑で話題の青山剛昌、やはり超人だった!?の画像1
『名探偵コナン 紺青の拳』 公式サイトより

『ANGEL』(小学館)でブレイクした漫画家・遊人が、Twitter上で青山剛昌の“ゴーストライター”について言及。ネット上でたちまち話題になっていたが、同じく漫画家のクリスタルな洋介が反論し絶賛の声が上がっている。

 遊人のツイートは現在削除されているが、「20年ぶりに再会した元小学館の編集Xさんによると『名探偵コナン』のコナンを描くゴーストライターは何人もいるという。実は作者がまったく描いていないというのは一般の人は意外と知らないかもしれないですね」と暴露。この発言をきっかけに、青山の“ゴーストライター疑惑”がたちまち拡散されてしまった。

 そんな中クリスタルな洋介は、Twitterで『名探偵コナン』(小学館)の担当から聞いた逸話を披露。「話は青山さんが全部考えて、トリックは担当さんと2人で考えている」「担当さんに物語の展開を相談する事はあっても、今回は何をしようか? なんて丸投げはないそうで。耳が痛かったです」と明かしている。

 また「ゼロの日常で絵の添削を毎週するような超人が手を抜くわけないのでしょうね」ともフォロー。ゴーストライター疑惑を否定するようなツイートに、ファンからは「アシスタントや担当編集の力は借りてるだろうけど、青山先生がゴーストライターに頼るわけないよね」「『丸投げはない』って言ってくれてありがとうございます!」「というか青山先生超人すぎるだろ……」との声が上がっていた。

 漫画だけでなく、劇場版作品の制作などにも関わっている青山。今後もスリル満点なトリックで、人々を楽しませてくれるだろう。

“ゴーストライター疑惑”で話題の青山剛昌、やはり超人だった!?のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!