ギターに合わせてまさかのヘドバン!? 新境地を切り開いた氷川きよしが話題

ギターに合わせてまさかのヘドバン!? 新境地を切り開いた氷川きよしが話題の画像1
「氷川きよし」 公式サイトより

 ひと昔前は「箱根八里の半次郎」や「きよしのズンドコ節」などでブレイクしていた氷川きよしに、ちょっとした異変が。今年5月に「氷川きよしスペシャル・コンサート2018 きよしこの夜Vol.18」の動画が一部公開され、“アニソン”を歌う姿に驚きの声が上がっている。

 話題になっているのは、「日本コロムビア」のYouTube公式チャンネルに投下された動画。冒頭ではいきなりドラムロールからライブが始まり、他の楽器隊が一斉に音を出すとギターの轟音が。異様な雰囲気に包まれるなか、「いくぜぇ!」「フゥ!」と氷川が登場した。

 その後彼は、『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)の主題歌としても知られる「限界突破×サバイバー」を熱唱。圧倒的な歌唱力はそのままに、V系ボーカリストのようなパフォーマンスを披露している。またラメが光り輝く紫色の衣装に身を包んでおり、瞼には色気たっぷりなアイシャドウが。演歌を歌っている時からは想像もできない格好で、恍惚とした表情を浮かべていた。

 極めつけには、ギターソロに合わせて迫真のヘッドバンギング。いつの間にかイメチェンを遂げていた氷川に、ネット上では「氷川きよしがめちゃくちゃ格好よくなってる!?」「全然ビジュアル系として売り出せるレベル」「歌唱力があるから、そこらのロックミュージシャンたちとは迫力が違う」「ロックいけるじゃん!」「エロい!」といった声が上がっている。

 40代にして新境地を切り開いた氷川。今後も彼の“挑戦”を見守りたい。

ギターに合わせてまさかのヘドバン!? 新境地を切り開いた氷川きよしが話題のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!