ひろゆき提唱「無敵の人」がTwitterトレンド入り 川崎殺傷事件を受けて再びクローズアップされる

ひろゆき提唱「無敵の人」がTwitterトレンド入り 川崎殺傷事件を受けて再びクローズアップされるの画像1
Google Mapより

 5月28日、川崎市多摩区・登戸駅付近で小学生を含む18人が刃物で刺され、小6女児と39歳の男性の死亡する事件が発生した。犯人とみられる50代の男も自ら首を刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。

 この事件を受け、Twitterでは「川崎の事件」などの言葉と共に「無敵の人」というワードがトレンド入り。この言葉を使って「犯人は無敵の人なんだろうなぁ」「無敵の人は本当に怖い」といったツイートがされている状態だ。

 この「無敵の人」という言葉は、「失うものが何もない人間」のことを指すネットスラング。「2ちゃんねる」の創設者で知られるひろゆき氏が2008年の秋葉原通り魔事件の直後に公開したブログに書かれていた言葉だ。社会的信用・財産・職業を失うことをいとわないため、一般人を巻き込む犯罪を抵抗なく行える、といった解説がされている。

 また、2012年に発生した『黒子のバスケ』(集英社)の作者・藤巻忠俊に対する脅迫事件で、犯人の男が公判で「無敵の人」について言及したため、改めて広まった言葉でもある。

 今回の事件については、犯人に関して「50代の男性」「犯行後に自殺」といった限られた情報しか明らかになっていないため、“犯人=無敵の人”前提になっていることについて「無敵の人と断定するのはどうなんだろう」と疑問視する声もある。

 なお、ひろゆき氏は今回の事件を受けて、「失うモノのない犯罪者「無敵の人」が増えると10年以上前に書いたのですが、現実が追い付いてしまいました」とツイート。総合オピニオンサイト「iRONNA」で無敵の人対策に言及する記事を投稿している。


ひろゆき提唱「無敵の人」がTwitterトレンド入り 川崎殺傷事件を受けて再びクローズアップされるのページです。おたぽるは、その他ホビーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説