『名探偵ピカチュウ』の吹き替えに「“渡辺謙役”の渡辺謙が上手すぎる!」と絶賛の声

『名探偵ピカチュウ』の吹き替えに「渡辺謙役の渡辺謙が上手すぎる!」と絶賛の声の画像1
『名探偵ピカチュウ』公式サイトより

 今年5月に公開された映画『名探偵ピカチュウ』で、“ヨシダ警部補”というキャラクターが話題に。同役は世界的俳優・渡辺謙が演じているのだが、日本語吹き替え版も本人が担当しており「“渡辺謙”の吹き替えをする渡辺謙が上手すぎる!」との声が上がっていた。

「日本人が洋画に出演したら、吹き替え版声優を本人がやるのは当たり前」と思う人もいるかもしれないが、意外とそうではない。例えば映画『パシフィック・リム』では、菊地凛子演じる“森マコ”の吹き替えを林原めぐみが担当している。

“映画で役を演じる”ことと“自分が演じたキャラの吹き替えをする”ことはまったく違う技術のようで、過去には実力派俳優・浅野忠信が大苦戦。『バトルシップ』という映画で自分の吹き替えを担当した時も、「浅野忠信って俳優“浅野忠信”を演じるの下手じゃね?」と話題になっていた。浅野もそのことを自覚しており、「バトルシップが金曜ロードショーでやります! 僕の吹き替えが下手と人気の作品なので是非見てください」とツイートしたことも。彼ほどの実力を持ってしても、自分が演じた役の吹き替えは難しいようだ。

 そんな中、渡辺は『名探偵ピカチュウ』で自分の役の吹き替えを見事にやり遂げた模様。ネット上では「渡辺謙って声優さん、ケン・ワタナベの役にピッタリだな」「まるで本人のようだった」と、やや錯綜した声が上がっている。

 自分が演じた役の吹き替えでも、確かな実力を見せつけた“世界のケン・ワタナベ”。まだ映画を見ていない人は、彼の演技に注目して作品を鑑賞してみてはいかがだろうか。

『名探偵ピカチュウ』の吹き替えに「“渡辺謙役”の渡辺謙が上手すぎる!」と絶賛の声のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説