『あなたの番です』尾野のストーカー精神と脅迫に苦しむ久住……今週はまさかの3人死亡?#7レビュー

 初回から物議を醸しだしている”交換殺人”がテーマのドラマ『あなたの番です』。第7話がオンエアされた。

 102号室の佳世(片岡礼子)が殺され、佳世の夫・俊明(坪倉由幸)のゴルフバッグの中から足だけが発見された。 その頃、菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)は、佳世の名を書いた304号室の澄香(真飛聖)と警察に届けるべきだと話し合っていた。自分が佳世殺害の容疑者になるかもしれないと恐れる澄香。

 そこに402号室の正志(阪田マサノブ)が刑事の神谷(浅香航大)を連れてやってくる。警察官の正志は、妻の早苗(木村多江)からゲームのことを聞いていて、神谷なら事情を考慮して捜査してくれるという。菜奈たちは、神谷に捜査を任せることに。 一方、浮田(田中要次)は昔の知人・西尾(三上市朗)を訪ねて、ある事情から妹尾(大友花恋)と会ってほしいと頼む。

 “あなたの番です”と書かれた脅迫状を受け取った久住(袴田吉彦)は、度重なる脅迫に悩んでいた。彼は、同じく書いた人物・赤池美里が殺されてしまった浮田に相談。どうしていいか分からないと動揺する久住に、浮田は「何もするな」と釘をさす。 しかし、久住に対する脅迫はエスカレート。そんな中、久住と浮田が再び顔を合わせる。浮田は久住に、自分が書いた紙を引いた人物に当たりがついていることを打ち明け、核心に迫るため行動を起こすが…。

 果たして、このマンションの周辺で何が起こっているのか?今週も新たな犠牲者が出てしまう…!!

 ここ最近、403号室の藤井が出てこない。袴田吉彦が死んだことで出番がなくなったのだろうか。あそこまでノイローゼ気味だった彼が、全く出てこないのが逆に不自然な気もするのだが、これだけ登場人物が多いと出し切れないのかもしれない。最近はあの「袴田吉彦事件」で味をしめたのか、久住の出番が増えすぎな気もする。そのたびに袴田吉彦ネタが出てきているので、ちょっと飽きがきてしまう。

 誰もかれも怪しそうな雰囲気を醸し出しているが、登場人物が毎週ひとりは亡くなるので、段々犯人が絞れてきそうな気もする。しかし、警察すら真相がわかっていないこの世界線では、推理も何も意味がないのかもしれない。

 とにかくこのマンションは人が死にすぎだ。「警察に自分が疑われるのが嫌」という理由だけで警察に相談しないのは、意味が本当にわからない。次は隣の人が死ぬかもしれないというのに……。

 今回、第1話で殺された管理人の代わって、新しい管理人がやってくる 新しい管理人は実にいい加減で、怠惰な印象の男だ。新しい管理人が来たことで、何か進展はあるのだろうか。あまりにも嫌そうな感じだったので、すぐに殺されてしまいそうな気もする。

 常々怖いと思っていた翔太たちのお隣さんの尾野が、驚きの発言をした。翔太は異常なほど「菜奈ちゃん! 菜奈ちゃん!」とうるさいくらいに菜奈一筋だ。誰が見ても翔太が他の女にうつつを抜かすなど考えようもないのだが、なぜかこの尾野は、自分が翔太と付き合っていると思い込んでいたのだ。だからこそあのプレゼント攻撃に、過剰なボディタッチ……。彼女は菜奈をなんだと思っているのだろうか。

 尾野の異常な思考に気づいた翔太はすぐさま菜奈一筋を主張するが、尾野は「捨てられた」と主張する。「捨てられた私は怖い」というその目は狂気そのものだ。この女が、登場人物の中で一番怖いのではないか。思い込みが激しそうなタイプで、人の話を全く聞かない。彼女が来週以降にどんな行動をとってくるのかが、本当に一番怖い。

 常に怪しい行動を見せていた浮田一家。あいりの結婚を前に、浮田が本当の父親と対面したいという願いをかなえるという。しかしその本当の目的は、恨んでいた実の父親を殺すためというものだった。しかしずさんすぎる行動で、結局あいりは実の父親を殺すことは失敗し、浮田は何者かの手によって殺されてしまう。今週の犠牲者は浮田だったのだ。

 浮田が死んだことによって、久住がますます「あなたの番です」の強迫に恐れをなす。自分がターゲットである細川を殺さないと実家に火をつけると脅され、さらに精神をやんでいくのだった。そして菜奈の旦那である細川の前にとうとう久住が姿を現すも、まさかまさかの行動の連続で、ふたりはエレベーターから落下してしまう。

 1週間にひとりという設定のため、このふたりは死んでいないかもしれないが、彼らがどうなったのか。そして菜奈の前に、このタイミングで警察が現れた。一体なぜ……。

 来週物語はどう動き、誰が死ぬのか。まだまだ目が離せない。
(文=三澤凛)

『あなたの番です』尾野のストーカー精神と脅迫に苦しむ久住……今週はまさかの3人死亡?#7レビューのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!