エロアニメで観るエロゲーの世界 再掲!

『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~』CLOCKUP初期の名作をむらかみてるあきがエロアニメ化!ダイナミックな描写に興奮を抑えられるか!?

『euphoria』、『フラテルニテ』、そして『夏ノ鎖』など、人間の深層心理の闇を突いたシナリオと、スカトロすらも躊躇しないハードコアなエロ描写で人気のエロゲーブランド・CLOCKUP。以前、『euphoria』のエロアニメ版をレビューしたが、あの“むらかみてるあき”が監督した『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~』も忘れてはならない。

 原作エロゲー版『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~』は、リリースが2004年ということもあり、今のCLOCKUPの作品と比較すると、シナリオの完成度に物足りなさを覚えてしまう。しかし、この当時から現在にも通じる、人によっては鬱ゲーにもなりうるハードコアな凌辱ゲー要素、例えば執拗なまでの輪姦やハードSMの調教、は存在しており、早くからブランドとしての特徴を打ち出していたのが分かる。

 そんな作品が、むらかみてるあきの手にかかったらどうなるのか。早速エロアニメ版『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~』をレビューしてみよう。

 まず、『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~』は全2巻から構成されており、前編が『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~ ザードル奴隷処女 孕ませの宴』で、後編が『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~ 2 異常性欲人妻 射精地獄の宴』となっている。

 以下が公式の紹介文だ。

 主人公・五丈テツヤは、幼なじみで姉代わりでもあった内海綾香の手術費を借りるため、遠い親戚の叔母・荒神六華の住む「館」に出向く…。

 しかし借金の条件として提示されたのは、街で美女を見つけ館に連れ込み「娼婦」として調教する事だった。条件に従ってメイドや女学生を犯し汚していくうちに、テツヤの秘められた力が目覚めていく…。

 紹介文に補足を入れつつ、改めて物語の全体像を説明しよう。

 主人公・五丈テツヤが内海綾香の手術費をなんとかするために、月紅館という娼婦の館を訪れる。そこは遠い親戚の叔母の…といってもゴスロリ美少女なのだが、荒神六華がいて、金を工面する代わりに月紅館で働く女を連れ込んで、娼婦に調教していくことを提示される。立場的に条件を飲まざるを得ない五丈テツヤはさっそく、女学生だけれども同館の娼婦である十川葉月の先輩・城ノ内美奈子を館に招き入れ、娼婦にしていく。ここまでが前編だ。

 この物語のキーワードは「メイド」「娼婦」「調教」「凌辱」「洋館」だ。言葉にすると、分かりやすい設定と世界観であり、何も難しいことはない。しかし、エロアニメ版は尺の都合上なのか、細かい物語の設定が存分に省かれてしまっている。なので原作を知らない場合、最初は意味不明のまま物語が進み、徐々に理解していく形を取っている。やや視聴者を投げっ放す構成と言わざるをえない。

 しかし、その分といってはなんだが、エッチシーンの迫力はかなりのものである。エロアニメ版のリリースは2005年。その当時にこれだけのエロシーンを作り上げていたのだから、他の一般的なエロアニメと比較して、その迫力は群を抜いていただろう。

 むらかみてるあきといえば、まず思い浮かぶのはダイナミックな描写だろう。今作ではすでに健在なのも特筆すべき点。ヌッルヌルに動くCGは圧巻である。単純なアニメでは再現が難しい、人間の軟体さや肌の柔らかさが見事なまでに表現されているだ。

 後編になると物語が一変し、触手ものとへと生まれ変わる神展開となるのだが、それもエロのためにならご愛嬌。失禁や破瓜などCLOCKUPらしさも全て盛り込まれている。

 ただ、後編の神展開によりさらに物語は混迷を極めるので、オチも含め“こういうものだ”と自身を納得させながら観る必要がある。そういった意味では、低予算のB級ホラー映画のようだが、実用性はすさまじく高い。

 ゴスロリやメイドといった英国風文化が好きで、凌辱といったハードコアポルノを求めるユーザーにはドンピシャだろう。むらかみてるあきファンでまだ観たことがないという方は、ぜひとも鑑賞しておこう。
(文=穴リスト猫)

『黒愛 ~一夜妻館・淫口乱乳録~』CLOCKUP初期の名作をむらかみてるあきがエロアニメ化!ダイナミックな描写に興奮を抑えられるか!?のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューPCゲームゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!