『わたし、定時で帰ります。』ついに泥沼三角関係突入か!?向井理と中丸雄一のガチンコ勝負の行方はいかに?

 今季大注目のドラマ『わたし、定時で帰ります。』の第6話がオンエアされた。

 晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。
 そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。
 一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。
 そこに、偶然晃太郎がやってきて…。

 今週のテーマは「共に働く仲間の存在」。毎日同じ職場で長い時間を共にする仲間。特に趣味が合ったりするわけもないし、馬が合わない人もいる。だけど共通の仕事を全うするためには力を合わせたることが必要になる。だけどその中ではもちろん摩擦も起きる。その時の対応によって、今後が左右されるのだ。

 前から問題児だった来栖が自分から志願してディレクターになった。種田もOKを出したことから張り切って事にあたるも失敗してしまう。しかもその失敗をクライアントや種田のせいにしてしまう。これは来栖の対応のまずさがあるものの、プライベートでもイライラすることがあった種田は少しカッとた物言いをしてしまう。

 TVの前で眺めている立場としては、来栖が拗ねる気持ちも分からなくはないものの、あれは完全に彼がダメだろう。フォローをしてくれない種田に八つ当たりをするのも、クライアントを何も知らないバカ呼ばわりするのも、全部自分の準備不足だ。恥ずかしさを撤回したくて言っているのかもしれないけれど。何かあるごとに「辞めます」と言っていた彼が、怒られた次の日にもちゃんと会社に来た事は進歩ではあるのだが……。

 新社会人がみんな来栖みたいなタイプではないかもしれないが、自分のミスを認めて周りに助けを素直求められたら良いと思う。最終的に彼は種田にきちんと頭を下げることができた。少しずつ成長が見えてきた新入社員。これからも頑張ってほしい。

 そして、今週は種田がたくさんやらかした回であった。毎週底知れぬかわいさを披露していた種田。そんな彼には弟がいるらしい。今まで何度も結衣を助けてくれた謎の引きこもり少年、愁。彼が種田の弟だったのだ。

 まさかの弟。しかし円満な兄弟関係ではなさそうだ。完璧な兄と、社会に出て躓いた弟。コンプレックスに思うのも分かる気がする。種田はそんな弟に上手く接することができずに落ち込んでいく。

 そこでまた間に立ってくれるのが、この物語の主人公の結衣だ。結衣は凄い。毎回誰かと誰かの間に立って、そのふんわりとした雰囲気と適格なアドバイスで問題を解決していくのだ。

 完全無欠に見える種田にも、弱点や欠点はたくさんある。元カノだからわかる弱さをたくさん知っている。その中でも特に注目な種田の弱点、それは「お酒も3杯以上飲むと人格が変わる」という点。

 来栖と和解し、独立も思いとどまった種田。なぜか結衣の行きつけの中華屋にやってきた。しかしタイミング悪く、今日は結衣が婚約者の巧を連れてきていたのだ。

 きたきたきたーーーー!三角関係! 三人が一同に会したのは今回が初めてだ。ずっとこのときを待っていた。

 巧は噂の元カレと同席したことによって対抗心がむき出しになる。「まさかまだ結衣ちゃんが好きだなんてことありえないですよね?」と突っかかる。しかし、このときを種田はビールを三杯飲んだ後だ。つまり人格が変わっている。「ええ、好きですよ」と涼しい顔して巧に告げてしまう。

 巧は種田の酒癖が悪いことなんて知らないわけだ。恋人の職場にまだ未練タラタラの元カレがいるなんて、気が気じゃないだろう。絶対ケンカになるパターン。あぁ……楽しみだ。

 来週は結衣の家族にまつわる話になりそう。小さな毒を撒きまくる福永の話は、いつ頃ドカンとくるのだろう。毎週気になって仕方ない。

 とにかく来週が楽しみだ! 三角関係ー!
(文=三澤凛)

『わたし、定時で帰ります。』ついに泥沼三角関係突入か!?向井理と中丸雄一のガチンコ勝負の行方はいかに?のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!