エロアニメで観るエロゲーの世界 再掲!

エロアニメ版『受胎島』は抜きゲーっぽさを残したソリッドシチュエーションスリラー?ただしオチはご愛嬌!!

 アナタハン事件を知っているだろうか。大戦末期の1945年から終戦後の1950年にかけて太平洋マリアナ諸島に位置する孤島アナタハン島で発生した失踪・死亡事件のことだが、この事件は内容の特異性で大きな注目を浴び、後に映画化や、事件をもとにした小説など数多くのメディアに影響を与えた。

 孤島に32人の男に対してひとりの女が共同生活を送り、徐々にその女を巡り骨肉の争いが展開されていたというのだから、映画や小説のネタになるのもうなずける。事実は小説よりも奇なりということわざは、まさに的を射ているのだ。

 理系の大学に入った女は、かなりもてると聞く。実際に工学部出身の男に訊ねてみると、数十人いるクラスの中に女はふたりしからおらず、その子たちは異常にもてたということだ。その子たちを巡って友人たちがケンカをしてしまうようなこともあったとか。女からすればハーレムなのだろうが、何事もバランスは大事というこなのだろう。

 さて、そんなアナタハン事件をもとにしていたかは分からないが、この事件と真逆の設定のエロゲーがある。ルネからリリースされた『受胎島』だ。

 「極限状態で中出しを懇願させるADV」と名付けられた今作は、その名称だけで全てを理解できそうな内容ではあるが、抜きゲーとしての評価は高く、ルネピクチャーズからエロアニメ版が2本リリースされている。

 以下があらすじだ。

 海難事故で遭難した主人公達がたどり着いたのは絶海の孤島だった。

 しかもそこには新種のウィルスが蔓延しており、感染したヒロインたちは常に発情し男の精液で妊娠しなければ絶命してしまう状況だった。実際、何人もの仲間が命を失った。

 孤島に男は主人公しかいない。彼は容姿が悪く、クラスメートからいじめられているキモ男だった。しかし自分が嫌いなキモい男に膣内射精されなければならない死んでしまう。ヒロインたちは処女だろうがなんだろうが、彼にささげるのであった。

 なぜ彼らは孤島に遭難したのか、このウィルスの正体は一体何か……。全てが明からになったとき、衝撃的ラストを迎える。

 絶海の孤島で謎の病気が蔓延し、次々に人が死んでいく……。あらすじだけ見ると、ちょっとしたソリッドシチュエーションスリラーで、SFホラーでもあり、パンデミックホラーでもありそうだ。しかし実際は舞台と設定はさほど重要ではなく、モテない主人公が孤島で神のような存在になって、いままで自分をバカにしてきた女たちをひたすら凌辱する抜きゲーである。

 エロアニメ版はどうかというと、さらに抜きに振り切った内容となっている。孤島へ漂流したことについては冒頭の90秒でサクッと説明し、あとはひたすらヒロインたちとのカラミシーンとなる。

 カラミシーンはヒロインごとに「実験サンプル No.1」と表示されるのだが、女医の一条静にだけはその表示がされない。ここにストーリーの核心が隠されているものの、このあたりはご愛嬌。オチに関してはお約束みたいなものなので、深く考えてはいけない。

 カラミシーンはやたらと豊富なので、エロアニメとしては十分に機能を果たす。しかし物語もしっかりと内容を理解したい方は、原作もプレイしてみることをお勧めする。
(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらから!】
■『OVA 受胎島 #1
■『OVA 受胎島 #2

※画像の処理は編集部によるもの

エロアニメ版『受胎島』は抜きゲーっぽさを残したソリッドシチュエーションスリラー?ただしオチはご愛嬌!!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューPCゲームゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!