『インハンド』ついに明かされた紐倉の過去!にしても山下智久の顔が美しすぎ!!

 山下智久主演サイエンス医療ミステリードラマ『インハンド』。第5話がオンエアされた。

 紐倉(山下智久)は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)との辛い記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。

 ある日、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには『危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?』『助手が謎の自殺!』など、気になる記述が……。

 実は、牧野が務める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山和成(時任三郎)。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。

 福山の口から語られた紐倉の過去とは…。そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる!!

  今回で第一章が終了ということで、紐倉の過去が明らかになる重要な回だった。紐倉がなぜ義手なのか? 紐倉が陸軍と揉めたというのは? そして助手を自殺に追い込んだ張本人という記事……。真実はどこにあるのか。

 幻肢痛に苦しむ紐倉を気遣い、その過去の傷を克服することを提案する高家。紐倉にひどい扱いを受けているのに、なぜこの人はこんないい人なのか。しかし、そんな高家の気遣いも紐倉は頑なな態度を示す。挙句の果てには「出ていけ」と言い放つ。無理やり高家を助手にさせたくせに、このひどい物言いである

 それでも「あいつは世界を救う」と信じている高家は紐倉の元上司を訪れ、彼の過去の話を聞く。5年前、助手である入谷、上司の福山らと共にフィリピンで調査を行っていたと。

 過去の紐倉は今と同じく変人ではあるものの、信頼している助手と大好きな細菌たちに囲まれて柔らかな雰囲気だった。入谷も高家に負けず劣らずお人よしで、周りの人たちを笑顔にさせる人物であった。現地の人とも親しくしていた。しかし、彼はクローン病を患っていた。やがてこの楽しい調査の日々に急に暗雲が立ち込める。

 村の中からエボラウイルスの感染者が発見される。すぐに陸軍が派遣され、調査がはじまる。タイミングの良すぎる陸軍の到着と、場の不自然な統制に疑問をもった紐倉と入谷だったが、一研究者が軍にたてつくことなどできなず……。

 しかし、どんなに変人でも山下智久なので顔はきれいだ。泥を投げつけられても、怒っても、無表情でも、泣いてもそれは変わらない。肌がツルツル過ぎて美しすぎだろと、ついつ突っ込みたくなる。研究者は風呂とか忘れて研究に没頭していそうなイメージだが、あの肌の美しさは一体なんなのか。

 そんな彼が泣いた。キレイな顔で。ずっと入谷の自殺は自分のせいと自らを責め、記憶障害を起こし、人付き合いを絶っていた紐倉。

 だが入谷は紐倉を恨んでなどおらず、むしろ紐倉を守ろうとしていた。遺品のノートに書かれた文字が紐倉の凍った心を溶かし、記憶を解きほぐす。あの泣くシーンはすごく良かった。

 その入谷の気持ちを受け継ぎ、どこまでも紐倉に寄り添うことに決めた高家。紐倉もまた自分ひとりでは何もできないと認め、高家を「優秀な助手だ」と認めるのだった。でも全然素直ではない。それもまた紐倉らしいけど。

 紐倉が大きな一歩を踏み出し、また高家の今までが報われた最高な回でした。来週以降は少し変わった紐倉が見えるのか。新たな信頼で結ばれたこのコンビがどんな活躍を見せてくれるのか。新章突入の来週が楽しみだ。
(文=三澤凛)

『インハンド』ついに明かされた紐倉の過去!にしても山下智久の顔が美しすぎ!!のページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説