河北麻友子、『イッテQ!』現場でADとマジ喧嘩を出川哲郎が暴露 

 女優でモデルの河北麻友子が、4月23日発売の女性ファッション誌「vivi」(講談社)の企画でタレントの出川哲郎と対談。人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のロケ現場での秘話を明かされ、ファンの笑いを誘うこととなった。

 河北は2012年から専属モデルを務める同誌を今号で卒業。記念企画の一つとして、『イッテQ!』で8年来の付き合いがある、“お嬢”“てっちゃん”と呼び合うほど仲が良い出川がスペシャルゲストとして約3年半ぶりに誌面へ登場した。

「出川いわく、『イッテQ!』の2回目のロケの打ち上げ時、河北とADが『マジ喧嘩』したとのこと。河北の言い分ではADに非があったらしく、『周りのスタッフさんは大爆笑してた』とのことですが、河北は番組内では歯に衣着せぬキャラクターですから、『ケンカしてる姿が容易に想像できる』と、ファンの笑いを誘ったようです。また、出川は『結果的にそのロケ一発でみんなお嬢のトリコになった』とコメント。谷まりあや堀田茜といった数々の“出川ガール”がいる中でも、河北が最も出川と相性が良いと言う河北ファンが目立ちました」(芸能関係者)

 出川によれば、“天敵”のデヴィ夫人も河北のことを認めているらしく、「気を使えてスゴイ」と絶賛しているとのこと。実際、河北はデヴィ夫人から「私の使用人になりなさい」と言われたこともあるほど気に入られているようだが、ファンからは番組での舌戦を楽しみにする声が集っている。

「出川がデヴィ夫人のことを“天敵”と表現したのは、番組内で激しく毒舌をぶつけ合っているからですが、そもそもの原因は、出川による“お嬢”呼びにあります。デヴィ夫人にとってお嬢と言えば、故・美空ひばり。河北をお嬢と呼ぶことに断固として反対し、その流れで河北と口論になった……という経緯があるのですが、デヴィ夫人相手にも引かない河北に視聴者も好評で、2人のいがみあいは番組の名物になりつつあります。出川からは、『このまま毒舌に磨きがかかって小姑ポジションになるんじゃない?』と、バラエティーでの活躍を推されましたが、ファンからも同調する声が多く寄せられているようです」(同)

 河北は今後、女優活動も行っていくとのことだが、出川ガールとしての仕事を並列させ、小姑キャラに磨きをかけていくことをファンは期待するところだろう。

河北麻友子、『イッテQ!』現場でADとマジ喧嘩を出川哲郎が暴露 のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!