エロアニメで観るエロゲーの世界 再掲!

『ケダモノ(家族)たちの住む家で』むらかみてるあきが描く鬼畜NTR!救われないヒロインに鬱注意!

2019.05.08

『ケダモノ(家族)たちの住む家で』シリーズ/メディアバンク

 近年、最も話題を集めたアニメ映画といえば『君の名は。』だろう。興行収入は200億円を超し、誰も予想しなかったほどの記録を現在も次々と塗り替えた。監督の新海誠は、スタジオジブリの宮崎駿監督の次世代を担うとして、一躍日本のアニメ界を代表する監督となった。

 日本のアニメ界は人材が豊富であることは周知の事実だ。いまさら例を挙げるまでもないかもしれないが、宮崎駿監督や新海誠監督以外にも押井守監督や庵野秀明監督など一般的にも知名度の高いアニメ監督は多い。ではエロアニメではどうだろうかというと、一般的な知名度は落ちるとはいえ、故・金澤勝眞監督や荒木英樹監督などが有名だ。

 いま挙げた両名もそうなのだが、エロアニメ監督の場合、TVアニメで原画家や作画監督として活躍していたりすることも多い。しかし、ほぼエロアニメだけで活躍している監督も存在する。しかも、名前が作品の売りとなるカルト的人気な監督がいるのだ。それが、むらかみてるあき監督である。

 むらかみてるあき監督の作風はかなりエッジが立っている。以下に特徴を挙げてみよう。

・男のピストンが超高速
・カメラワークが驚くほど大きくて大胆
・ブクブクとやたらに泡立った精飲描写
・精神崩壊したとしか思えないほどの強烈なアヘ顔
・人によっては鬱となるくらいに救われないヒロインと主人公

 カメラワークに関しては、カラミシーン以外の日常パートでも大胆に駆使されるので、人によっては画面揺れにより酔ってしまうだろう。これらを高いクオリティの作画で徹底的にやるのだから恐れ入る。

 むらかみてるあき監督の作品は、癖があると判断されて避けるユーザーも少なからずいる。その一方で、彼を熱狂的に支持するファンは非常に多い。そんなむらかみてるあき監督の作品を今回は紹介しよう。

 pin-pointのエロゲーを原作にしたNTRエロアニメ『ケダモノ(家族)たちの住む家で』シリーズだ。リリースはメディアバンクである。

 以下があらすじだ。

 両親のいない心春は火災で住む家を失ってしまった。恋人の新は、心春を実家に居候させることにした。しかし、新の判断は完全な誤りだった。

 新のいない隙に父・源蔵は心春の唇を奪い、それを写真に撮って彼女を脅迫した。新に余計な心配をかけたくない心春は、源蔵の言われるがまま何度も犯されてしまう。

 源蔵はことあるごとに心春を求め、それを彼女は受け入れていく。「…こんなことはいけないのに…」と思いながらも。

 そこに兄・勝までが加わった。勝は源蔵との情事を新たに秘密にする代わりに心春をオナペット扱いし始めたのだ。心春はそれでも新のことが好きで、嫌いになることは絶対にないと信じていた。しかし源蔵と勝に犯され続けていくうちに彼女の精神は崩壊し、その気持ちが揺らいでいく。

 ある日の夜中、新は兄に言われて部屋の壁の穴から覗くと、隣室で心春が狂喜乱舞で兄に犯されている姿を目撃する。絶望に打ちひしがれる新だが、そこにさらなる悲劇が襲う。

 源蔵と勝が、心春は自分の女だと主張し合い険悪な雰囲気になってしまったのだ。その中を取り繕う形で心春が入り、ふたりの共有マ×コになることを自ら望む。しかし心春には新たという恋人がいる。そして彼女が下した決断は――。

 当然、『ケダモノ(家族)たちの住む家で』でもむらかみてるあき節が炸裂している。カメラワークは目まぐるしく動き、ヒロイン・心春が壊れるんじゃないかと思えほどバッコバコにされ、完全に精神崩壊したアヘ顔をさらす。

 最初から最後まで暗く重苦しい雰囲気で物語は進み、常に緊張感とNTRの背徳感に満ちた映像となっているのだ。ただ、エロアニメの宿命として尺の都合上、心春が身体を許してしまう過程を深堀りすることはな。闇堕ちまではあっさりだ。

 NTRが苦手な方は鬱アニメとなりかねないのでご注意を。
(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらをクリック!】
■『ケダモノ(家族)たちの住む家で ~源蔵 編~大嫌いな最低家族と彼女との寝取られ同居生活
■『ケダモノ(家族)たちの住む家で ~勝 編~ 大嫌いな最低家族と彼女との寝取られ同居生活

編集部オススメ記事

注目のインタビュー記事

ゲーム記事ランキング

PICK UP ギャラリー