『あなたの番です』互いに干渉しすぎのマンションが相変わらず不気味…予想を裏切る人物が殺された第4話レビュー

 初回から物議を醸しだしている”交換殺人”がテーマのドラマ『あなたの番です』の第4話がオンエアされた。

 中国人留学生のシンイー(金澤美穂)が働くブータン料理店でガス爆発が起こり、店長の田中政雄(名倉右喬)が死亡した。交換殺人ゲームで殺したい人間として店長の名を書いたのは、シンイー。彼女は、恋人・クオン(井阪郁巳)の不法滞在をネタに店長からしつこく口説かれていた。店長の死後、シンイーの部屋のベランダに置かれた植木鉢には、『あなたの番です』と書かれた包丁が刺さっていた…!シンイーは、今度は自分が殺す番なのかと怯え、クオンや同居している仲間に相談する。シンイーの手元には、ゲームの時に引いた、ある人物の名前が書かれた紙があるが…。

 今週も混沌とするキウンクエ蔵前。 

 最初に交換殺人の話をしていたときの人数が13人。現在までに殺されたのが3人。殺される可能性があるのは残り10人……。そう思うと先は長いが、このドラマは2クールだ。つまり、終わるまでに10人以上が死ぬ可能性を秘めている。ただし、「毎週死にます」の謳い文句が最後まで適応されるのであれば、だ。

 交換殺人が本当に行われているのか、それとも誰かひとりの思惑に住人が動かされているだけなのか。憶測と疑心暗鬼がより一層住民間に蔓延する。

 事件が起こる前から、このマンションには他人同士の干渉が多い。どこに誰が住んでいて、家族構成や仕事のことまで共通認識として全員が知っている。現実的にこのようなことってあるのだろうか。隣人くらいならまだ理解できるが、実際には2階上の住人のことまで把握するのは難しくないだろうか。

 今回は交換殺人の件とは別で、菜奈と翔太という主人公夫婦のストーリーが面白かった。第2話のレビューの際に翔太に近づく怪しい男、細川が菜奈の元旦那という予想が当たっていた。元旦那はストーカーか、と思っていたが実はまだ別れられていないようにも見える。だから翔太との婚姻届けが出せないままなのではないだろうか。細川の真意は分からないが、確実に翔太の懐には入っていっているようだ。ジムの客に取った行動や、ときたま見せる眼差しなど、どす黒い部分が見え隠れしている彼は今後どのような行動に出るのだろうか。

 そういえば主人公として数々の事件に翻弄されているかのように見えた菜奈だが、彼女自身について語られていることは少ない。現旦那のはずの翔太にも言えない隠し事が多いわけや、誰の名前を書いたのか……など彼女の秘密が分かることで物語は新たな進展を迎えそうだ。

 ストーリーに伏線が貼られていくかのように各住人の怪しい描写が多いのだが、明らかに翔太を狙っている尾野の異常さは際立っている。空気が読めないというか、変わったアプローチを翔太に仕掛けまくる。妄想の中で翔太と両想いと思っているのだろうか。彼女のような話を聞かない、あるいは話が通じない系の女性に狙われると、色々こじれてしまいそうだ。翔太が無下にできないタイプだから、余計にめんどくさいことに陥ってしまいそうである。

 物語の終盤は新たな犠牲者の発表タイム。シンイーの引いた紙に書いてあった人物が分からないまま、殺されたのはあの人だった。しかし、あの人は名前を書かれていなかったはず……。なぜ犠牲者が変わったのか。なぜチェッカーズの「ジュリアにハートブレイク」がかかったのか。交換殺人、次の犠牲者は誰だ。
(文=三澤凛)

『あなたの番です』互いに干渉しすぎのマンションが相変わらず不気味…予想を裏切る人物が殺された第4話レビューのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。