『インハンド』そろそろ不法侵入罪で捕まってもおかしくない濱田岳に薬の用量・用法を守る大切さを実感した第4話レビュー

 山下智久主演サイエンス医療ミステリードラマ『インハンド』。第4話がオンエアされた。

 右手が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていた。お人よしの助手・高家春馬(濱田岳)は、そんな紐倉の横で研究所の中をせっせと掃除している。そんな2人の元へ、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)がある相談をしにやって来る。

 外務事務次官・創子(紫吹淳)宛に「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状が届いたというのだ。ただの嫌がらせのようにも思えるが、脅迫状に名前が記載されている女性の1人は実際に自殺しており、もうひとりは自殺未遂、男性も2日前から行方不明になっていた…。そして次のターゲットは創子の娘・恵奈(吉川愛)だという。

 本当に“人を自殺させる病原体”などが実在するのかを確かめるため、牧野は紐倉を訪ねてきたのだった。「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。

 一方で、少しずつ明かされてくる紐倉の過去。牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾)の調べによると、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったという。5年前の紐倉に、一体何があったのか?

 紐倉の脳裏にフラッシュバックする過去の辛い記憶とは…。

  今回も潜入捜査を命じられた高家。そろそろ捕まらないのだろうか。そして侵入できるところは毎回セキュリティ甘すぎだ。そうでないとドラマが進まないから仕方ないのだが……。

 今回は、「人を自殺に追い込む病原体」というちょっと驚くようなテーマ。実は”自殺”というキーワードは、紐倉の過去にも関係のあるものだった。

 金に困ったときに、よく治験というワードが出てくる。基本的には大丈夫なんだろうが、人体をつかった実験なわけだから、後々何が起こるかわからない。それゆえ不安がつきまとう。このドラマを見たことがきっかけで、よけいに「怖い」というイメージがついてしまいそうだ。治験があるおかげで色々な技術や薬品の使用ができるようになったりもするのだろうが、難しいところだ。

 侵入したセクメトという会社にいた鍋島研究員が、過去に紐倉の元助手と一緒に研究を行っていたことから、今回の事件と紐倉の事件の情報が同時にもたらされた。世間は狭い。 同じ業界だとそういうこともあるのだろうが、この偶然はご都合主義に思える。

 鍋島は今回の被害者たちが過去にウイルスに感染しており、そのまま薬を服用してしまったことを知っても、その事実を隠蔽していた。それでも治験を受ける際に「法的に訴えることはできない」という誓約書を出していると主張。その主張に紐倉が「人殺しと変わらない」と一刀両断するも、その言葉が鍋島によりブーメランのように返ってきた。紐倉こそ、助手を自殺に追い込んだ人殺しじゃないか……と。

 紐倉の過去を知っていると思われる人からひどく嫌われている紐倉。いつもは我関せずに受け流す紐倉も、「入谷」という名前には大きな反応を示す。やはり、入谷の自殺は紐倉のせいなのだろうか?

 牧野が同僚の御子柴を使い個人的に紐倉の過去を洗い、今回の鍋島に行きついた。助手として紐倉と暮らす高家も同じタイミングで紐倉の過去に関係のありそうな資料を目撃したり、鍋島から話を聞いたりと。偶然が重なりメインキャラが同時に紐倉の過去へと導かれているようだ。

 毒と薬は紙一重。今回の事件は誰かの病気を治すはずの薬が、知らずにもっていた病原体のせいで体内のバランスを狂わせて人の行動を変えてしまう。確かな知識と用法を守らなければ死への道に進んでしまうのだと思うと、無知のまま薬を受け取ること、伝えずに医療を受けてしまうことの怖さを教えられた。

 毎回番組の引きで苦し気な顔を見せる紐倉の過去、来週はその過去に踏み込んだ話になりそうだ。
(文=三澤凛)

JIN―仁―

JIN―仁―

ヒットしましたね

『インハンド』そろそろ不法侵入罪で捕まってもおかしくない濱田岳に薬の用量・用法を守る大切さを実感した第4話レビューのページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説