西野七瀬、“雰囲気だけ”のネガティブ発言を0歳児が否定? “無銭握手”にファンの嫉妬の嵐

関西テレビ公式サイトより
 女優の“なーちゃん”こと西野七瀬が、4月9日深夜に放送されたトーク番組『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)で、自身のことを「どこもイヤ」と語り、「私 雰囲気なんですよ」とネガティブ発言。しかし、視聴していたファンからは、「すべてが輝いてる」「雰囲気だけで乃木坂46のエースになれるわけがない」などと、西野のコメントを否定する声が殺到した。

 この発言は、同じくレギュラーを務める滝沢カレン、田中みな実、長谷川京子とともに、“子どもに受け継ぎたいチャームポイントは?”というテーマでトークした時のもので、西野は自身について「性格もイヤですし外見もイヤ」とも語った。

「自己嫌悪感を露わにした西野。『またまた謙遜しちゃって~』と、ファンは真に受けていない様子。同じ4月9日には仲良しメンバーの伊藤かりんが、家族との食事に西野が同席した時のことを振り返り、『甥っ子は0歳児にして、可愛い女の子を見極める力に優れていて、にゃーのことガン見でした』とブログに書き込んだため、『0歳児もなーちゃんのネガティブ発言を否定してるよ』『男の本能を刺激する美女ってことだね』などと、改めてその美貌を絶賛するファンの声もあがっていました」(芸能関係者)

 握手会では毎回、数時間待ちの長蛇の列ができるほどの人気メンバーだった西野。それだけに、4月14日スタートのテレビドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)内で、恋人役と手をつなぐシーンが映し出されると、「無銭握手だと!?」「握手してなおかつギャラが貰えるなんて不公平だ!」などとファンの嫉妬が爆発する事態となった。

「あまりの行列に対して回転率を早めるため、すぐにスタッフによる“剥がし”が行われるほど、高速だった西野の握手会ですが、それでもファンは至福の瞬間を味わうため、3~4時間は当たり前に並んでいました。それだけに、西野の手をがっしり握りしめる彼氏役に対して怒りと嫉妬心を抑えきれなかったのかもしれませんえ。マンション内の“交換殺人ゲーム”を描いた同ドラマは、2クール連続で放送されるため、『まさか半年間、毎回のようにイチャイチャシーンを見せつけられたりしないよね?』『生き地獄だけど、なーちゃんの出演シーンは見たい』などと、動揺が広がっているようです」(同)

 このドラマの企画・原案を務めるのは乃木坂46の総合プロデューサーの秋元康。ファン心理を突くのはお手のものなだけに、手をつなぐどころかさらに際どい、“見たくないけど見たくなる”シーンを続々挿入となるかもしれない。

西野七瀬、“雰囲気だけ”のネガティブ発言を0歳児が否定? “無銭握手”にファンの嫉妬の嵐のページです。おたぽるは、芸能アニメアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。