エロアニメで観るエロゲーの世界 GW再掲特集!

『ヤバい!-復讐・闇サイト-』嫉妬・妬み・羨望・夢・絶望…現代の心の闇を描いたエロアニメがぶっ飛びすぎてても鬱…

 ニュースで、子供の自殺報道を目にしたことのある人は多いのではないだろうか。こうした報道がなされるたびに、大人たちが様々な問題について議論が繰り返されている。しかし、実際は解決に近づいているとは言い難い。確かに、日本全体の自殺者数は減っているらしいのだが、小中高校生で減少しているとは言えないそうだ。

 少し前のデータになるが警察庁の統計によると、2016年における小中高校生の自殺者数は320人だったという。小学生12人、中学生93人、そして高校生が215人だ。自殺者の半分以上が男子生徒だという。

 子供の自殺は、いじめや友人関係、学業といった学校に関わる要因の他に、家庭や、精神疾患など複数の要因からが引き金になって起きるそうだが、とりわけ我々が目にする報道の多くは“いじめ”ではないだろうか。

 “いじめ”の場合、いじめ防止対策推進法にもとづいて、真相解明と再発防止のための調査が学校や教育委員会のもとで行われる。だが、調査結果は十分共有されず、いじめを苦にした自殺が後を絶たないのが現実だ。

 さて、そんな“いじめ”をテーマにしたエロゲーがある。Waffleから2013年にフルプライスでリリースされた『ヤバい!-復讐・闇サイト-』だ。

 大切な妹の自殺原因が、同級生3人にあると突き止めた主人公の兄が、3人を廃病院に監禁し、自殺原因を究明しながら復讐していくという内容だ。物語の鍵として“いじめ”が大いに関わってくる。非常に重いテーマであり、なおかつ復讐まで絡んでくるのだから、ゲームの方向性としては鬱ゲーの部類に入る。

 そんな重苦しい『ヤバい!-復讐・闇サイト-』だが、エロアニメ版も存在する。

 3人の美少女が見知らぬ廃病院で、まるでソリッドシチュエーションスリラーかのように目を覚ますところから物語は始まる。そこに主人公・遼が現れ、彼女たちがなぜここに監禁されているかを告げる。

 遼は、大切な妹がなぜ死ななければならなかったのか、その真実を知りたいがために、彼女たちにを監禁し、尋問するというのだ。そしてその様子をネット中継し、閲覧者に証人になってもらうと。

 しかし、彼女たちは何かを隠しているというのは分かるのだが、真実を一切語ろうとしない。そこで仕方なく遼は、順番に美少女達をカメラの前で暴行、凌辱していく。少女たちが辱められるたびにネット民たちからは歓喜のコメントがあふれる。

 妹の死と自分たちは無関係だと主張する少女たちを、容赦なく辱める遼。大盛り上がりのネット民。その様子は作品タイトルそのまま、かなり“ヤバい”。完全なる狂気の宴である。

 度重なる恥辱で、精神的に崩壊してきた少女たちは徐々に本当のことを語り出す。その真実は全てが独りよがりなのだが、ある意味少女趣味であり人間らしいとも言える。嫉妬・妬み・羨望・トラウマ・願望・夢・希望、これらが心の奥底で複雑に絡み合ってしまったものであり、現実世界にも十分に起こりえるのではないだろうか。そう考えると他人事には思えず、恐怖を誘う。

 最終的に全ての真実を知った遼は、衝撃の決断をくだす。少女を監禁凌辱したことで犯罪者となったケジメを自らつけるのだ。

 最初から最後まで、幸福なんてなにもない。徹頭徹尾、陰鬱で狂気に満ち溢れている。ラストも物語としては妥当な結末だが、非常に後味が悪いものであった。

 しかし、ただ単に鬱な物語というわけでもない。貼られた伏線はしっかり回収するし、主人公の行動・発言も一切ブレないで突き進むので、物語として筋が通っていて非常に分かりやすい。この手の凌辱ものは、下手をすれば作品のほとんどが暴行シーンなんてことも考えられるが、『ヤバい!-復讐・闇サイト-』に関してはそういったことはなく、しっかり順序だって物事が進む。犯罪に手を染めてでも、復讐を遂行する兄に同情するものも多いのではなかろうか。

 復讐を誓う遼が最後に下した決断とは一体何か。彼が犯罪者になろうとも行動した理由はなんだったのか。ぜひともその目で確認しよう。
(文=穴リスト猫)

関連記事

『ヤバい!-復讐・闇サイト-』嫉妬・妬み・羨望・夢・絶望…現代の心の闇を描いたエロアニメがぶっ飛びすぎてても鬱…のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューPCゲームゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。