『きのう何食べた?』原作とイメージ異なる山本耕史にモヤモヤするも、西島&内野の仲良しっぷりにほっこり!第3話レビュー

 疲れた週末の癒し、『きのう何食べた?』3話がオンエアされた。

 秋の午後。筧史朗(西島秀俊)は久々に実家へ帰る。矢吹賢二(内野聖陽)との関係を知る両親(梶芽衣子・志賀廣太郎)は、受け入れてはくれているものの、どこか不自然だ。

 だがそのなんとも言えない気持ちを賢二には打ち明けられず…。

 そんな折、富永佳代子(田中美佐子)の家でコールスロー作りを手伝っていた史朗は、富永さん(矢柴俊博)が連れてきたテニス仲間の小日向大策(山本耕史)を紹介される。実は彼も同性愛者だった。

 毎週本当にごはんが美味しそうだし、ケンジ役の内野聖陽さんは最高にかわいいし、シロさん役の西島秀俊さんは最高にかっこいい。このドラマは癒しだ。本当にありがとう。ドラマ化ありがとう。

 今回はみんな大好き、小日向さんの初登場シーン! とても期待していた。しかし…しかしだ。

 あれ? 私は小日向さんを楽しみにしていたのだが、今画面に映っているのは山本耕史さんだぞ。目力が最高に強い山本耕史がシロさんを翻弄しているぞ? という気持ちになった。

 そもそも小日向さんは細目の三白眼でガッチリ系のビジュアルだ。だから山本耕史だと顔がツルっとしていて、シュッとしてるからなんか違う! かっこいいのだけど、大ちゃん感がない!! あと全ての行動を意味ありげに演じているので、何か企んでいるな……という感じがすごいしてモヤモヤした。

 あとジルベールの脳内再現映像も、ジルベールが全然美しくなかったのが残念。山本耕史が毎回「あ、かわいい」っていうのもなんか違う感がすごい。山本耕史さんは原作を読んだのだろうか……。 

 今回、シロさんとケンジのふたりに大きな事件が起こる。シロさんのお父さんに癌が見つかるのだ。大事なことを話してほしいケンジと、素直になれないシロさんのすれ違いが生まれるのだが、少しずつシロさんがケンジに打ち明けていくところがたまらない。

 本当にこのふたりが幸せに笑いあっていてほしい。原作のように巻数を重ねれば重なるほどお互いへの信頼が厚くなっていくのが大好きなのだ。

 来週は記念日ごはんの回である。毎回、様々なエピソードが時系列バラバラに散りばめられているので、どの話が入っているかも楽しみだ。来週もシロさんとケンジの仲良しっぷりでごはん3杯は食べられそうである。
(文=三澤凛)

『きのう何食べた?』原作とイメージ異なる山本耕史にモヤモヤするも、西島&内野の仲良しっぷりにほっこり!第3話レビューのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説