『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が来年公開!「ヴァイオレットが幸せになれる物語に」

 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作が、2020年1月に劇場公開されることが発表された。キーヴィジュアルも公開となっている。さらに『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』が9月6日から2週間限定で上映される。

 同作は暁佳奈氏によるライトノベルが原作だ。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動書記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく物語である。TVアニメ版が2018年1月から4月まで放映され、ファンタジックだけれどもどこか哀愁のある世界観と、登場キャラクターたちのあまりにも繊細な心理描写で話題となったた。

 以下、公式サイトに掲載された石立太一監督のコメントだ。

 今、たくさんの方々のお力をお借りして、「新しいヴァイオレットの物語」を描かせていただいております。見てくださった方が満足していただける作品に、そして、ヴァイオレットが幸せになれる物語に。そう思いながら、日々製作させていただいております。

 ヴァイオレットが書く手紙のように、本当に真っすぐで、美しい。そんな作品でありたいと思います。2020年1月。少し先ではありますが、どうか楽しみにお待ちください。

 2020年と言えば、東京オリンピックの年でもある。それだけでも楽しみなのに、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』も相当楽しみだ。続報を待とう。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が来年公開!「ヴァイオレットが幸せになれる物語に」のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動ライトノベルマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。