メガドライブミニ収録タイトルにまさかの『ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜』!3DアクションRPGの先駆け的名作が大復活!!

 先日、セガゲームスが『メガドライブミニ』の収録タイトル第2弾を発表した。『メガドライブミニ』は全40タイトルが収録予定であるが、先月第1弾の10タイトル発表になっていた。

 第2弾のラインナップは以下となっている。

■サンダーフォースIII
■スーパーファンタジーゾーン
■武者アレスタ
■アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス
■ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌
■ハイブリッド・フロント
■ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜
■魂斗羅 ザ・ハードコア
■ダイナブラザーズ2
■ゲームのかんづめ お徳用

 第2弾のラインナップは、メガドライブならではのシューティングを中心に発表されたそうだ。どれも魅力的なタイトルばかりであるが、最も注目したいのは『ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜』である。

 同作は「DDS520」と呼ばれるクォータービューの擬似3Dグラフィックスが特徴的な、アクションRPGであった。ゲームの世界を斜め上から除いた立体的な造形は、当時衝撃であった。

 ゲーム内容も『ゼルダの伝説』と同等の謎解き、かつ『リンクの冒険』以上のアクションとRPG性の高さから非常に評価の高かった。一方で、攻略難易度の高さや慣れない視点での操作性の難しさなども挙げられ、ユーザーを悩ませたマゾゲーでもあった。

 2005年の東京ゲームショウして、新規シナリオが追加されてリメイクされるとして話題となったが、その後に自然消滅している。2007年から、Wiiのバーチャルコンソールで配信が開始されたものの、Wii Uでは配信されず、幻の名作と化していた。

 それがまさかの大復活である。メガドライブのシューティングには名作が多いのは重々承知だ。『魂斗羅 ザ・ハードコア』なんて当時はクリアできる人がいるのか疑問なくらいの難易度だった。しかしドハマリしたものだ。しかし! ここは『ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜』推しで、メガドライブミニの発売を待とうではないか。

メガドライブミニ収録タイトルにまさかの『ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜』!3DアクションRPGの先駆け的名作が大復活!!のページです。おたぽるは、コンシューマーゲームゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ピカチュウかわいすぎ!