HIKAKIN、オリンピックを目指すほどの実力者だった「青春のすべてをスキーに捧げていた」「友達と遊んだ記憶がない」


 大人気YouTuberのHIKAKIN(29)が、4月17日放送の『衝撃のアノ人に会ってみた!』(日本テレビ系)に出演。“意外な過去”を明かした。

 誰もが知るトップYouTuberのHIKAKINだが、小中学の夢は「オリンピックに出たい」だった。というのも、新潟で生まれ育ったHIKAKINは高校生までスキージャンプに打ち込んでいて、その実力は全国で8位に入るほど。また、選手時代に世界で活躍するスキージャンプ・高梨沙羅選手の練習相手を務めたこともあるという。

「北海道の選手と合同で合宿した時、沙羅ちゃんが僕らと一緒に練習をしていた」「僕が中学か高校くらいで、沙羅ちゃんは小学校1、2年」と、当時を振り返るHIKAKIN。スキージャンプでは、相手の腹部を下から支えて飛行姿勢を取る練習をするが、HIKAKINいわく「沙羅ちゃんを持ち上げていた」そう。高梨も番組のカメラに「(HIKAKINは)面白くて優しいお兄さん」「下で支えていただいて、今があるのかな」と話していた。

 HIKAKINは、スキージャンプだけでなくノルディック複合も挑戦していて、部活では20km走るトレーニングを行っていたという。当時は「青春とかすべてをスキーに捧げていた」「友達と遊んだ記憶がない」ほど打ち込んでいたそうだ。だが、この経験があったからこそ、つらい下積み時代を「スキー時代もキツかったから、こんくらいで負けねえかんな」と踏ん張り、乗り越えることができたと振り返っていた。

 高梨との意外な関係もだが、改めて“努力の人”であることが判明し、ネットでは「HIKAKINは本当に努力家」「普通にすごい」「誰も見てないところで相当の努力をしたんだろうな」と称賛する声が上がっている。

HIKAKIN、オリンピックを目指すほどの実力者だった「青春のすべてをスキーに捧げていた」「友達と遊んだ記憶がない」のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説