梅澤美波(乃木坂46)、専属モデルデビューで美しい絶対領域を披露 “粉まみれ”でギャップ萌えも

「with」5月号(講談社)より
 人気アイドルグループ・乃木坂46の“みなみん”こと梅澤美波が、3月28日に発売された女性ファッション誌「with」(講談社)5月号の特集ページへ登場。専属モデルデビューを果たし、抜群のスタイルにファンからは絶賛の声が相次いだ。

 2016年に開催されたオーディションに合格し、3期生として乃木坂46に加入した梅澤。“憧れ”という白石麻衣にどことなく似たルックスと、グループ最長身となる170cmのスレンダーボディが注目を集め、昨年8月リリースの21thシングル「ジコチューで行こう」!」(N46Div.)で初選抜入りを果たしたことによって人気が急上昇している。

「今回は初登場ということで私服ショットが紹介され、梅澤はミニスカートにロングブーツを合わせた絶対領域が露わな姿を披露。『真っ白な腿が眩しい!』『脚が超絶的に長い!』などとファンの興奮を誘いました。また、OLファッションに挑んだページでは、一般人離れしたスタイルの良さを見せ、称賛の声が集まっているようです。同誌の先々月号の表紙は白石が飾りましたが、梅澤が抜擢されるのも時間の問題かもしれませんね」(芸能関係者)

 同誌ではクールビューティーな魅力を存分に発揮した梅澤だが、同日発売の週刊誌「FRIDAY」(同)の連載コーナー『乃木撮』には、顔が白い粉まみれになったおマヌケな画像が紹介され、ファンのギャップ萌えを誘った。

「同コーナーはメンバーが撮影したオフショットをコメント付きで紹介する人気企画ですが、この写真は恐らく、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)において、橋の上に跨り、柔らかな棒で叩き合って、白い粉が敷き詰められた床へ相手を落とす、というゲームをした時のものでしょう。梅澤は自身より18cmも身長が低い同期の与田祐希にまさかの敗北を喫したのですが、その時の不甲斐なさそうな表情を見下ろすアングルで、1期生の松村沙友理が激写。『スラっとして強そうな子が、こういう表情をしていると萌えます!』とのコメントに同調するファンが続出したようです」(同)

 昨年は3つの舞台に出演と女優としても着実にキャリアを築く梅澤。「with」のインタビューでは、「3期生といるときはしっかり者……のはず(笑)」と、少々自信なさげに答えているが、同期だけでなくいずれは白石のようにグループ全体を引っ張る存在になれるよう今後の成長を期待したい。

梅澤美波(乃木坂46)、専属モデルデビューで美しい絶対領域を披露 “粉まみれ”でギャップ萌えものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!