『インハンド』 設定もりもり主人公に戸惑いつつも、医療ドラマに夢が持てた第1話!

 サイエンス医療ミステリーというジャンルのドラマが始まった。山下智久主演の『インハンド』だ。

 寄生虫学者、あまり耳慣れない職業だ。しかも山下智久演じる紐倉はそれに加えて人間嫌い・ドS・ロボットハンドの義手……とちょっと設定詰め込みすぎでは? とも思える役を演じている。

 そんな変わり者の彼のお手並み拝見というような第1話は、物語の設定・キャラクターを上手に見せながら寄生虫学者とメディカルサイエンス対策室が手を組み『シャーガス病』という感染症に立ち向かった。

第一話 あらすじ
 寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。

 そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴 (菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。
 そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。
 好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

 山下智久×七緒×濱田岳という、ビジュアルの凸凹感が目新しいトリオ。七緒といえば悪女というイメージだが今回は性格に難はあるものの、悪女ではなく自身のキャリアの為に邁進する女性。濱田岳は従来のイメージ通り憎めない3枚目。そして山下智久はジャニーズらしさの感じられないけだるげで人間嫌いで変わり者を演じている。

 山下演じる紐倉、自ら天才を名乗るだけあって博識。常識にとらわれずマイペース。そして多分ナルシスト。この飄々としたキャラクターに振り回される濱田岳の演技のテンポが気持ちいい。ひょんなことから紐倉の助手になることになった高家と、どこか企むところがある牧野がこれからどんな事件に立ち向かっていくのか。この3人の関係性がこれらかどんな風に変化していくのかも楽しみだ。

 ひとつ残念なのがドラマ内での説明セリフの際にイラストなどを用いてわかりやすく表示してくれるのに対し、説明している山下のしゃべり方が聞き取りづらい点だ。キャラの出し方がメインで説明が届かないのはもったいないのでは。 

 医療系ドラマを見ていると、病院内のいざこざ・公の立場のある役員などの不正のまかり通る様が描かれることが多く、ドラマを盛り上げるための設定だとわかっていてもそういった役職への不信感がたまってくる。

 だからこそそういった悪事を暴き、医療に対して誠実に向き合っていく医療従事者がいると示してくれることはありがたい。こういう解決方法が現実にもあるかもしれないという夢をドラマに持つことができる。

 誤解を生むことも多いかもしれない医療系ドラマ、反面希望や夢も持たせてくれるので色々な可能性を見せてほしい。

 紐倉はなぜ義手になったのか? なぜひとりで研究をしているのか。サイエンス医療ミステリーはまだ始まったばっかりだ。
(文=三澤凛)

 

インハンド

インハンド

医療ミステリーはいつの時代も人気

『インハンド』 設定もりもり主人公に戸惑いつつも、医療ドラマに夢が持てた第1話!のページです。おたぽるは、漫画マンガ&ラノベ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!